netkeiba.com

シンザン記念特集

2017年1月8日 京都 芝1600

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

京都 右 外芝1600m

コースレコード
1:31.4
ワールドエース(2014年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、名馬シンザンを記念して、67年に4歳(現3歳)限定・別定重量による重賞競走として創設された。以来、改修工事のため、阪神競馬場で開催された80年と94年を除いては、変わることなく京都競馬場・芝1600mの外回りコースで行われている。

 競走条件は、95年から混合競走に指定され外国産馬に門戸が開放された。翌96年からは、中央競馬特別指定交流競走として地方馬が2頭まで出走可能となっている。また、09年に国際競走に指定され、外国馬は8頭まで出走可能となった。

 なお、07年の日本の国際パートI国昇格により、グレード表記がJpnIIIに変更されたが、09年に国際競走に指定されたことにより、国際格付けのGIIIに改められた。

 シンザンは64年、セントライト以来23年ぶりに日本競馬史上2頭目の“クラシック三冠制覇”という偉業を達成し、翌年の天皇賞・秋有馬記念を制して“五冠馬”の称号を得た。引退後も種牡馬として、ミナガワマンナ(81年菊花賞)、ミホシンザン(85年皐月賞菊花賞、87年天皇賞・春)を輩出するなど活躍した。また、96年5月にはタマツバキが持つ日本における軽種馬の最長寿記録を塗り替えたが、96年7月13日に老衰のため、35歳3か月と11日でこの世を去った。なお、同馬は84年に顕彰馬に選出されており、京都競馬場にはその栄誉を称え、銅像が建立されている。

⇒続きを読む

重賞日程