netkeiba.com

アーリントンC特集

2017年2月25日 阪神 芝1600

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

阪神 右 外芝1600m

コースレコード
1:32.0
マイネルポライト(2007年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 87年、阪神競馬場・芝1600mを舞台に4歳(現3歳)馬限定・別定重量による重賞競走として創設された『ペガサスS』が当競走の前身である。その後、92年からアーリントン・インターナショナル競馬場(現アーリントンパーク競馬場)と阪神競馬場が姉妹競馬場の提携をしたのを機に、寄贈賞を受けて『アーリントンC』と名称変更された。

 出走資格は、93年に混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放された。また、96年から中央競馬特別指定交流競走となり、地方馬は2頭まで出走が認められた。さらに、09年から国際競走に指定され、外国馬は8頭まで出走可能となった。なお、07年の日本のパートI 国昇格により、グレード表記が従来のGIIIからJpnIIIに変更されたが、09年から国際格付けのGIIIに改められた。

 アーリントンパーク競馬場は、27年に設立された歴史の古い競馬場で、アメリカ合衆国のイリノイ州・アーリントンハイツにあり、ミシガン湖のほとりに位置する。33年に競馬史上初の電子掛け率表示装置を導入、36年には「アイ・イン・ザ・スカイ」と呼ばれる決勝審判カメラを初めて導入したように、積極的に新しい設備を取り入れている。また、81年に創設された世界初の賞金総額100万ドルレース『バドワイザー・ミリオン・S(現アーリントン・ミリオン・S)』の開催場としても名高い競馬場である。

⇒続きを読む

重賞日程