netkeiba.com

中山記念特集

2017年2月26日 中山 芝1800

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

中山 右芝1800m

コースレコード
1:44.9
サクラプレジデント(2004年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 当競走の前身は、30年に創設された『内国産馬競走4000米』と、33年に創設された『中山5歳馬特別競走』。36年に日本競馬会が設立された際、両レースを廃止し、各々の趣旨を受け継ぎ、中山競馬場・芝3200mのハンデキャップ競走として当競走が創設された。創設当初は春・秋の年2回行われていたが、52年から秋の開催のみとなる。

 その後、度重なる距離・開催時期の変更を経て、57年から1800mに変更、また72年から2月下旬から3月上旬に移設されたうえ、負担重量を別定に変更され、現在に至っている(88年は東京競馬場・芝1800mで開催)。

 これにより、当競走は春のビッグレースを目標とする実績馬と、力をつけてきた上がり馬が激突する伝統のレースとして定着している。さらに近年では、当競走をステップに、3月末のドバイ国際競走、4月末のクイーン・エリザベスII世C(香港・芝2000m)に臨む馬も見られるようになった。

 出走資格は、84年から混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放された。その後、05年に国際競走となり、外国馬は4頭まで出走可能となったが、07年の日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大された。

⇒続きを読む

重賞日程