netkeiba.com

中日新聞杯特集

2017年12月9日 中京 芝2000

枠番 87654321 枠番
馬番 181716151413121110987654321 馬番
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
モテック レコンダイト ハーツクライ 黒鹿毛
シュガーハート ショウナンバッハ ステイゴールド 鹿毛
オリエントチャーム クィーンチャーム キングカメハメハ 黒鹿毛
サラトガ サラトガスピリット ハーツクライ 栗毛
ポポチャン ケントオー ダンスインザダーク 黒鹿毛
イグジビットワン メートルダール ゼンノロブロイ 鹿毛
ジャズキャット ロードヴァンドール ダイワメジャー 栗毛
マドモアゼルドパリ マキシマムドパリ キングカメハメハ 芦毛
マネーキャントバイミーラヴ ミッキーロケット キングカメハメハ 鹿毛
Antique Auction ストーンウェア Birdstone 鹿毛
レストレスハート パドルウィール クロフネ 芦毛
ギュイエンヌ ヴォージュ ナカヤマフェスタ 青鹿毛
スキッフル フェルメッツァ ディープインパクト 鹿毛
ピラミマ バンドワゴン ホワイトマズル 黒鹿毛
ミスパスカリ マウントロブソン ディープインパクト 芦毛
ヴァインドレッサー タイセイサミット ダイワメジャー 栗毛
スズカローラン スズカデヴィアス キングカメハメハ 黒鹿毛
サンデースマイルII フルーキー Redoute's Choice 青鹿毛
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
斤量
馬齢
55.0牡754.0牡652.0牝553.0牡556.0牡555.0牡456.0牡455.0牝557.5牡454.0牡554.0牡654.0牡455.0牡654.0牡657.5牡456.0牡456.5牡657.0牡7 斤量
馬齢
騎手 松若 木幡初 中谷 川須 菱田 Cデム 横山典 藤岡佑 和田 丸山 松山 国分恭 北村友 浜中 石橋脩 丸田 藤岡康 吉田隼 騎手
調教師 栗東音無美浦上原栗東池江栗東友道栗東西橋美浦戸田栗東栗東松元栗東音無栗東吉田栗東中尾栗東西村栗東松永幹栗東石坂美浦栗東矢作栗東橋田栗東角居 調教師
馬体重 456(+8) 444(0) 440(-8) 512(+8) 468(0) 480(+4) 504(+6) 458(+4) 482(+6) 474(+6) 490(+4) 526(-2) 472(+6) 544(+2) 496(+4) 506(+16) 522(+14) 488(-10) 馬体重
オッズ 124.216人気 29.39人気 95.315人気 219.118人気 132.817人気 5.42人気 8.25人気 7.54人気 4.01人気 16.57人気 67.514人気 51.513人気 20.28人気 37.911人気 6.33人気 30.710人気 8.36人気 50.212人気 オッズ
レース結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気
1
7
13 メートルダール 2人気
2
5
10 ミッキーロケット 1人気
3
6
12 ロードヴァンドール 5人気

レース展望・関連インタビュー

関連ニュース

コース情報

中京 左芝2000m

コースレコード
1:58.3
ストロングタイタン(2017年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、65年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走『中日盃』として創設されたが、翌66年に現在の競走名である『中日新聞杯』に改称し、負担重量も別定に変更された。

 創設当初は、中京競馬場の砂コース・1800mで行われていたが、70年に中京競馬場の芝コースが新設されたことに伴い、芝1800mで開催されるようになった(78年および84年は中京競馬場・ダート1700m、91年と93年-94年は小倉競馬場・芝1800mで開催)。その後、06年からは、芝2000mのハンデキャップ競走として行われている。

 従来は春期の中京開催で行われていたが、00年より開催時期を暮れの中京開催に移し、4歳(現3歳)以上の馬による競走に変更され、さらに2頭の地方競馬所属馬に出走資格が与えられた。さらに、09年度から国際競走に指定され、外国馬は9頭まで出走可能となった。

 2017年より中距離競走体系の整備に伴い再び暮れの中京開催での施行となった。

 当競走は、81年より内国産種牡馬奨励策の一環として、愛知杯(72年以降)、カブトヤマ記念(74年以降)とともに父内国産馬限定の重賞競走として施行されていたが、04年に前記2競走の競走条件の変更や廃止などにより、中央競馬で唯一の父内国産馬限定重賞となったが、本年度から混合競走に変更され、外国産馬にも門戸が開放された。

 なお、10年と11年は中京競馬場の改修工事のため小倉で開催。12年からは春の中京開催で施行される。

⇒続きを読む

重賞日程