netkeiba.com

フィリーズレビュー特集

2017年3月12日 阪神 芝1400

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

阪神 右芝1400m

コースレコード
1:19.9
サクラバクシンオー(1994年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 67年、4歳(現3歳)牝馬限定・馬齢重量による重賞競走として創設された『阪神4歳牝馬特別(報知杯桜花賞トライアル)』が、当競走の前身。83年に名称を『報知杯4歳牝馬特別(桜花賞トライアル)』に変更されたのち、01年に馬齢表記の国際基準への変更に伴い、現在のレース名『報知杯フィリーズレビュー(桜花賞トライアル)』に改称された。

 創設当初より阪神競馬場・芝1400mを舞台に行われていたが、75年から78年までの4年間は芝1200mで行われた(72年と95年は京都競馬場・芝外回りコースの1400m、91年と94年は中京競馬場・芝1200mで開催)。

 なお、桜花賞トライアルとして、当競走の5着までの馬に桜花賞の優先出走権が与えられていたが、91年より3着までの馬に変更された。

 また当競走は、95年に指定交流競走に指定され、地方馬は2頭まで出走可能となった。その95年に優勝したのが笠松から参戦したライデンリーダーで、その後の桜花賞オークスでともに1番人気に支持されるほどの圧勝劇を収めている。

 さらに、05年からJRAの芝の3歳重賞優勝馬および06年からJRAの2歳GIを優勝した地方馬にも出走資格が与えられた。また、04年から混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放されている。

 過去10年の優勝馬の中では、05年のラインクラフト桜花賞NHKマイルCのGI連覇を達成、07年のアストンマーチャンが古馬相手に同年秋のスプリンターズSを制覇するなど、その後のスプリント・マイル路線で大きく飛躍した。

⇒続きを読む

重賞日程