netkeiba.com

鳴尾記念特集

2017年6月3日 阪神 芝2000

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

阪神 右芝2000m

コースレコード
1:57.6
サトノノブレス(2016年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 51年に創設されたハンデキャップの重賞競走『鳴尾記念』は、阪神競馬場・芝2400mを舞台に6月と12月の年2回(54年から現行の年1回開催)行われていたが、その後、幾度か開催時期・負担重量・距離が変更された。

 97年には開催時期を6月に移行し、別定の芝2000mに変更のうえ、国際競走に指定され、外国馬が4頭まで出走可能となった。これにより、鳴尾記念は宝塚記念の重要なステップレースとして位置付けられた。

 しかし、00年から12月に移設のうえ、GIIからGIIIに、別定からハンデキャップ競走に、国際競走から混合にそれぞれ変更された。また、同年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬が2頭まで出走可能になった。

 06年からは新設された芝・外回りコースを使用した1800mで行われることになり、負担重量を別定に変更のうえ、再び国際競走に指定され、5頭の外国馬が出走可能となった。なお、07年の日本のパートI国昇格により、外国馬の出走枠が9頭に拡大された。12年からは中京競馬および阪神競馬の開催日割の変更により、開催時期を6月に、距離を芝2000mに再び戻し、12月に移設される金鯱賞に代わって宝塚記念の前哨戦に指定された。

 レース名の『鳴尾』は、1907年に関西競馬倶楽部が兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の西宮市)に建設した鳴尾競馬場に由来する。同競馬場は37年に『阪神競馬場』に改称されたが、43年に太平洋戦争の激化に伴い海軍に引き渡されたことによって、開設から37年でその幕を閉じた。その後、49年に兵庫県宝塚市に完成した現在の阪神競馬場にその機能を移転し、現在に至っている。

⇒続きを読む

重賞日程