netkeiba.com

CBC賞特集

2018年7月1日 中京 芝1200

枠番 87654321 枠番
馬番 181716151413121110987654321 馬番
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
Amelia アサクサゲンキ Stormy Atlantic 鹿毛
トシキセキ トシザキミ ジャイアントレッカー 鹿毛
プレザントケイプ ペイシャフェリシタ ハーツクライ 黒鹿毛
ツーデイズノーチス ワンスインナムーン アドマイヤムーン 鹿毛
フミノシンデレラ フミノムーン アドマイヤムーン 栗毛
ボーンスター ナリタスターワン ショウナンカンプ 鹿毛
ダイメイダーク ダイメイフジ アグネスデジタル 鹿毛
マイネカプリース スノードラゴン アドマイヤコジーン 芦毛
ガリカローズ ナガラフラワー ダンスインザダーク 鹿毛
モカサンデー セカンドテーブル トワイニング 栗毛
タイセイエトワール アレスバローズ ディープインパクト 黒鹿毛
ダイメイダーク ダイメイプリンセス キングヘイロー 黒鹿毛
ピエナアマゾン アクティブミノル スタチューオブリバティ 黒鹿毛
エーゲリア グレイトチャーター サクラバクシンオー 鹿毛
ケイアイエリザベス コウエイタケル ステイゴールド 鹿毛
ウメノダンサー レーヴムーン アドマイヤムーン 黒鹿毛
シーイズトウショウ トウショウピスト ヨハネスブルグ 鹿毛
トランシーフレーズ トーキングドラム キングカメハメハ 鹿毛
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
斤量
馬齢
53.0牡348.0牝754.0牝554.0牝555.0牡655.0牡656.0牡458.0牡1052.0牝656.0牡654.0牡654.0牝556.0牡654.0牡654.0牡753.0牡556.0牡655.0牡8 斤量
馬齢
騎手 武豊 畑端 三浦 浜中 国分優 太宰 Mデム 和田 高倉 水口 川田 秋山 福永 鮫島駿 松田大荻野極 松若 騎手
調教師 栗東音無栗東鮫島美浦高木美浦斎藤誠栗東西浦栗東高橋亮栗東森田美浦高木栗東高橋亮栗東崎山栗東角田栗東森田栗東北出栗東鮫島栗東山内栗東藤岡栗東角田美浦斎藤誠 調教師
馬体重 458(0) 494(-2) 492(+2) 448(-4) 454(+4) 462(-8) 508(-4) 512(-6) 476(+6) 482(-10) 490(-2) 498(+2) 484(-4) 488(-4) 500(+4) 470(-8) 480(0) 482(-2) 馬体重
オッズ 6.73人気 226.418人気 4.52人気 13.07人気 43.211人気 180.817人気 3.71人気 49.112人気 20.79人気 14.08人気 9.14人気 12.76人気 10.75人気 178.216人気 93.714人気 74.613人気 23.910人気 104.415人気 オッズ
レース結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気
1
4
8 アレスバローズ 4人気
2
5
10 ナガラフラワー 9人気
3
5
9 セカンドテーブル 8人気

レース展望・関連インタビュー

関連ニュース

コース情報

中京 左芝1200m

コースレコード
1:06.7
ビッグアーサー(2016年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

CBC賞は、65(昭和40)年に創設された重賞競走。当初は砂・芝の1800m戦として実施されていたが、71年から芝1400mに短縮され、81年以降は中京競馬場の芝1200mで実施されている(93年は京都、99年は小倉、10年は京都、11年は阪神の各競馬場で開催)。

 84年のグレード制導入によりGIIIに格付けされると、90年にGIIへ格上げされ、施行時期も従来の12月から6月に変更となった。96年には高松宮杯(現・高松宮記念)が芝1200mのGIに変更されたのに伴い、CBC賞は再び12月開催に変更された。その後、06年に開催時期を再び6月に戻し、GIIIのハンデキャップ競走へ変更され現在に至っている。

 過去の勝ち馬には英G1・ジュライCで同レース史上初の日本馬による優勝を成し遂げたアグネスワールド、08年のスプリンターズS(GI)を制したスリープレスナイト、16・17にスプリンターズS連覇を達成したレッドファルクスなどがいる。

⇒続きを読む

重賞日程