netkeiba.com

七夕賞特集

2016年7月10日 福島 芝2000

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

福島 右芝2000m

コースレコード
1:57.3
ダイワファルコン(2013年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、65年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップ競走『七夕賞』として創設され、夏季開催の福島競馬場・芝1800mで行われた(72年および73年は別定重量に変更)。その後、69年と71年および75年は10月に開催されたが、レース名と開催時期が合わないため、76年から79年までは『東北記念』に改称して行われた。しかし、80年から元の夏季開催に移設されたため、レース名を再び『七夕賞』に戻し、距離を芝2000mに変更して行われている。なお、11年は中山競馬場にて施行された。

 出走資格は、95年から混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開かれた。また、02年から中央競馬特別指定交流競走となり、地方馬が2頭まで出走可能となった。さらに、06年から国際競走に指定され、外国馬は4頭まで出走可能となったが、翌07年、日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大された。

 なお、06年から夏季競馬を盛り上げるために設けられた『サマー2000シリーズ』の第1戦に指定され、夏の中距離チャンピオンを目指す馬たちがここに集結し、白熱した激戦が繰り広げられている。

 レース名の『七夕』は五節句の一つで、旧暦7月7日の行事。この夜、天の川の両側にある彦星(牽牛)と織姫星(織女)が年に一度会うという伝説で、奈良時代から貴族社会で星祭りを行なうようになり、また、織女が織物など手習い事に長けていたため、この星に女性が技芸の上達を祈れば叶えられると江戸時代に庶民の間でも広まっていった。現在でも、各地で祭行事が行なわれており、特に仙台の七夕祭りは全国的に有名である。

⇒続きを読む

重賞日程