netkeiba.com

プロキオンS特集

2017年7月9日 中京 ダ1400

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

中京 左ダ1400m

コースレコード
1:21.9
アドマイヤロイヤル(2013年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、96年にダート重賞路線の整備の一環として、5歳(現4歳)以上・別定の重賞競走『プロキオンS』として新設され、阪神競馬場・ダート1400mで行われた(06年、11年は京都競馬場・ダート1400mで開催)。

 出走資格は、混合競走に指定され、外国産馬の出走が認められたほか、中央競馬指定交流競走として、地方馬は5頭まで出走が認められたが、05年から4頭に変更された。

 なお、99年までは桜花賞の翌週に行われていたが、00年から夏季開催に移行されたことに伴い、出走資格が4歳(現3歳)以上に変更となった。これにより、秋のダートグレード競走の短距離路線を目指す馬たちが多数参戦してくるようになった。00年の優勝馬ゴールドティアラは同年の南部杯を、02年のスターリングローズは同年のJBCスプリントを制しており、05年のブルーコンコルドは同年のJBCスプリントを優勝、翌年以降もビッグレース6勝の活躍を見せている。

 当競走は、05年から国際競走に指定され、外国馬は4頭まで出走可能になったが、2007年の日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大された。

 競走名の『プロキオン(Procyon)』は、こいぬ座の1等星で、シリウス(おおいぬ座)、ベテルギウス(オリオン座)とともに「冬の大三角形」を形作る恒星。

⇒続きを読む

重賞日程