netkeiba.com

オールカマー特集

2017年9月24日 中山 芝2200

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

中山 右 外芝2200m

コースレコード
2:10.1
コスモバルク(2004年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 『産経賞オールカマー』は、出走馬に広く門戸を開けたレースとして55年に創設され、4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走として中山競馬場・芝2000mで行われ、81年に別定重量に変更された(中山競馬場工事期間中は東京競馬場、または新潟競馬場で開催)。

 84年、グレード制の導入に伴いGIIIに格付けされ、距離も芝2200m(外回り)に変更された。さらに、86年から94年まで、負担重量を馬齢に変更のうえ、地方競馬招待競走として行われた。ジャパンカップの地方競馬代表の座をかけた地方馬同士の争いが注目を集め、86年にジュサブロー(愛知競馬)、91年にジョージモナーク(大井競馬)が勝利を収めている。その後、95年にGIIに格上げされ、負担重量も再び別定重量に戻された。

 出走資格は、78年に混合競走となり外国産馬に門戸が開放された。さらに95年、国際競走に指定され5頭の外国馬が出走可能となり、また地方馬は天皇賞・秋の出走候補馬2頭が出走可能になった。なお、07年の日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が9頭に拡大された。

⇒続きを読む

重賞日程