netkeiba.com

デイリー杯2歳S特集

2016年11月12日 京都 芝1600

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

京都 右 外芝1600m

コースレコード
1:33.2
ホウライアキコ(2013年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、66年に3歳(現2歳)の重賞競走『デイリー杯3歳S』として創設された。第1回は京都競馬場・芝1600m(外回り)で行われたが、翌67年から阪神競馬場・芝1400mに舞台を移された。その後、幾度か開催場・距離が変更されたのち、97年からは京都競馬場・芝1600m(外回り)で定着している。

 出走資格は、89年に混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放された。また、95年から中央競馬指定交流競走として地方馬は、「阪神3歳牝馬S出走候補馬2頭、および朝日杯3歳S出走候補馬2頭」に出走資格が与えられ、99年のレジェンドハンターと00年のフジノテンビーの笠松競馬所属馬が連勝している。01年以降は「阪神ジュベナイルF出走候補馬2頭、および朝日杯フューチュリティS出走候補馬2頭」に限り出走可能となっている。さらに、2010年から国際競走に指定され、外国馬は9頭まで出走可能となった。

 夏の重賞競走での活躍馬に加え、秋を迎えてデビューし、勝ち上がった馬たちが出走することから、例年高いレベルで争われており、また、2歳重賞競走の最高峰に位置する阪神ジュベナイルF朝日杯フューチュリティSへのステップレースとしても重要な意義を持っている。なお、競走名は01年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、『デイリー杯2歳S』に変更された。

⇒続きを読む

重賞日程