netkeiba.com

ジャパンC特集

2016年11月27日 東京 芝2400

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

東京 左芝2400m

コースレコード
2:22.1
アルカセット(2005年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 70年代に「世界に通用する強い馬づくり」が提唱され、日本でも国際競走を施行し、外国から強豪を招待して国内のサラブレッドと競わせようという機運が高まり、81年に本レースが創設された。

 初年度はアメリカ、カナダ、インド、トルコの4か国から合計8頭を招待して施行。メンバーは必ずしも一流と呼べるものではなかったが、終わってみれば上位4頭を外国馬が独占。日本馬は全く歯が立たず、海外競馬との格差を見せ付けられる結果となった。しかし、第3回にキョウエイプロミスが2着に好走、そして翌第4回では10番人気のカツラギエースが逃げ切り、日本馬として初の優勝を果たした。

 過去34年の国別勝利数は日本が20勝でトップ。イギリスとアメリカが4勝ずつで続き、以下アイルランド、フランス、ニュージーランド、オーストラリア、ドイツ、イタリアがそれぞれ1勝を挙げている。ただしアメリカは91年ゴールデンフェザント以来勝利がなく、オセアニア勢も同様に90年ベタールースンアップ以来未勝利に終わっており、近年の外国馬による勝利は欧州勢によるものとなっている。

⇒続きを読む

重賞日程