netkeiba.com

ドバイシーマクラシック特集

2017年3月26日 ドバイ/メイダン 芝2410

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

ドバイ/メイダン 左芝2410m

コースレコード
2:26.97
ポストポンド(2016年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 1998年に「ドバイターフクラシック」として、ナド・アルシバ競馬場の芝2400mで第一回が行われた。その後、2000年に国際G3となり、現在の「ドバイシーマクラシック」に名称を変更。翌2001年には国際G2に格上げ、2002年に国際G1競走となった。2010年からは、舞台をメイダン競馬場に移し、施行距離も芝2410mに変更されている。

 日本馬は2000年にゴーイングスズカが出走し5着したのを皮切りに、2016年までに14頭、計16回の出走を記録。2001年にステイゴールド、2006年にはハーツクライ、そして2014年にはジェンティルドンナと、計3勝を挙げており、ドバイワールドカップデーに開催されるレースとしては、最も日本馬の活躍が目立つレースである(ドバイターフも計3勝で同数)。なお、ステイゴールドの勝利は、ドバイミーティングにおける日本馬としての初勝利だった。

⇒続きを読む