netkeiba.com

ドバイシーマクラシック特集

2018年4月1日 ドバイ/メイダン 芝2410

馬番 10987654321 馬番
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
Al Andalyya ベストソリューショ Kodiac 鹿毛
La Chicana デザートエンカウン Halling 鹿毛
ジョコンダII サトノクラウン Marju 黒鹿毛
Trensa ホークビル Kitten's Joy 栗毛
Strawberry Fledge クロスオブスターズ Sea The Stars 鹿毛
Whirly Bird ポエッツワード Poet's Voice 鹿毛
Bezique カリーディ High Chaparral 黒鹿毛
ラドラーダ レイデオロ キングカメハメハ 鹿毛
Hveger アイダホ Galileo 鹿毛
サイトディーラー モズカッチャン ハービンジャー 黒鹿毛
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
斤量
馬齢
56.5牡457.0セ657.0牡657.0牡557.0牡557.0牡556.5牡456.5牡457.0牡554.5牝4 斤量
馬齢
騎手 コスグ レヴィ モレイ ビュイ バルザ デット デソウ ルメー ムーア C.デ 騎手
調教師 スルー シムコ 堀宣行 アップ ファー スタウ コック 藤沢和 オブラ 鮫島一 調教師
馬体重 馬体重
オッズ 205.39人気 169.08人気 6.43人気 9.25人気 2.61人気 9.96人気 233.210人気 3.02人気 22.37人気 8.34人気 オッズ
レース結果
着順 ゲート 馬番 馬名 人気
1
7
7 ホークビル 5人気
2
5
5 ポエッツワード 6人気
3
6
6 クロスオブスターズ 1人気

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

ドバイ/メイダン 左芝2410m

コースレコード
2:26.85
ホークビル(2018年)

過去の全成績

レースガイド

 1998年に「ドバイターフクラシック」として、ナド・アルシバ競馬場の芝2400mで第一回が行われた。その後、2000年に国際G3となり、現在の「ドバイシーマクラシック」に名称を変更。翌2001年には国際G2に格上げ、2002年に国際G1競走となった。2010年からは、舞台をメイダン競馬場に移し、施行距離も芝2410mに変更されている。

 日本馬は2000年にゴーイングスズカが出走し5着したのを皮切りに、2017年までに15頭、計17回の出走を記録。2001年にステイゴールド、2006年にはハーツクライ、そして2014年にはジェンティルドンナと、計3勝を挙げており、日本馬の活躍が目立つレースである。なお、ステイゴールドの勝利は、ドバイミーティングにおける日本馬としての初勝利だった。

⇒続きを読む