1
ワカミヤプレスト
稲垣師
放牧でリフレッシュを図ったが大きくは変わらない。展開の助けも必要かな。
2
カズラポニアン
宮田師
前走は芝とダートの切れ目で跳ねた。コーナー4つの形態の方が運びやすい。
3
トーセンクライスト
宗像師
芝でも5着とメドは立ったし、実績のあるダート戦に戻ればさらにやれそう。

提供:デイリースポーツ

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

レースメニュー