マルチメニュー機能を追加!

どの画面からでもすべてのレースメニューが使える『マルチメニュー』を追加しました!

マルチメニューは右上のメニューボタンからご利用頂けます!

マルチメニュー



馬名
タイム
オッズ
1
4
6
クールホタルビ
牝2
434kg(+8)
小牧 54.0
栗東・清水久
1:21.7
(33.9)
92.3倍
14人気
2
1
1
ダノングラシアス
牝2
496kg(-2)
岩田 54.0
栗東・矢作
1:21.8
1/2
(33.3)
2.7倍
1人気
3
6
9
ウインソワレ
牝2
456kg(+2)
ルメー 54.0
栗東・宮本
1:21.8
クビ
(33.5)
6.9倍
3人気
4
3
4
エフェクト
牝2
456kg(-6)
国分優 54.0
栗東・服部
1:21.9
1/2
(33.8)
33.2倍
11人気
5
4
5
ムーンエクスプレス
牝2
414kg(+10)
松山 54.0
栗東・鈴木孝
1:21.9
クビ
(34.1)
41.9倍
13人気
6
8
13
レオパルディナ
牝2
424kg(+12)
武豊 54.0
栗東・高橋康
1:21.9
ハナ
(33.3)
4.3倍
2人気
7
6
10
タガノヴェルリー
牝2
436kg(+2)
武幸 54.0
栗東・今野
1:21.9
アタマ
(33.6)
23.1倍
8人気
8
3
3
ペルフィカ
牝2
434kg(-6)
秋山 54.0
栗東・岡田
1:22.0
クビ
(33.2)
11.0倍
5人気
9
7
11
オールオブユー
牝2
496kg(-6)
藤岡佑 54.0
栗東・浅見
1:22.0
クビ
(33.9)
41.1倍
12人気
10
5
7
ルアンジュ
牝2
478kg(+26)
川須 54.0
栗東・笹田
1:22.1
1/2
(33.0)
29.4倍
10人気
11
2
2
ダイワプロパー
牝2
476kg(+2)
浜中 54.0
栗東・松田国
1:22.1
クビ
(33.5)
7.8倍
4人気
12
8
14
ニューエディション
牝2
440kg(+2)
福永 54.0
栗東・藤原英
1:22.2
1/2
(33.4)
27.6倍
9人気
13
7
12
シゲルチャグチャグ
牝2
476kg(0)
太宰 54.0
栗東・武田
1:22.2
クビ
(34.7)
21.5倍
7人気
14
5
8
シンフォニア
牝2
474kg(-4)
四位 54.0
栗東・昆
1:22.4
3/4
(35.1)
21.1倍
6人気
映像の公開時間

レース入線後約4分前後

※公開が遅れることがありますのでご了承ください。

競輪を気軽に楽しもう!nerkeirin

払戻金

単勝 6 
9,230円 14人気
複勝 6
1
9
1,780円
140円
230円
14人気1人気3人気
枠連
  • 1
  • 4

4,760円 18人気
馬連
  • 1
  • 6

20,040円 55人気
ワイド
  • 1
  • 6

  • 6
  • 9

  • 1
  • 9

5,800円
6,670円
460円
59人気66人気2人気
馬単
  • 6
  • 1

53,620円 117人気
3連複
  • 1
  • 6
  • 9
35,130円 116人気
3連単
  • 6
  • 1
  • 9
380,480円 1,016人気

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

ゴール前写真・回顧

もっと見る

■最低人気のクールホタルビが好位から抜け出し重賞初制覇

 スタートでは2番ダイワプロパー、3番ペルフィカ、7番ルアンジュが出遅れ。1番ダノングラシアスも若干遅れ気味。まずは12番シゲルチャグチャグが押して行こうとするが、8番シンフォニアがこれを内から交わして先頭に立った。2番手となったシゲルチャグチャグから1馬身差の内に6番クールホタルビ、1馬身半差で5番ムーンエクスプレス、直後に4番エフェクトと11番オールオブユー、その後ろに9番ウインソワレが続く。2馬身開いてダノングラシアスと10番タガノヴェルリー、1馬身差でダイワプロパー、直後にペルフィカと13番レオパルディナ、2頭の間に14番ニューエディションと続いて、離れた最後方がルアンジュとなった。

 600mの通過タイムは35.3秒。ほぼそのままの隊列で各馬3?4コーナーを回って最後の直線に入っていく。

 直線に入り、まずは逃げるシンフォニアをシゲルチャグチャグと3?4コーナーで外に出したクールホタルビが追う。その後ろではエフェクトやウインソワレが脚を伸ばしており、ダノングラシアスも馬群を捌きながら上がってきている。残り200mを切ったところでクールホタルビが先頭に立ち、シンフォニアとシゲルチャグチャグが後退して一頭抜け出す形になった。その後ろのエフェクト、ウインソワレ、ダノングラシアスも横一線で懸命に追うが、差は半馬身ほどしか縮まらず、結局そのままクールホタルビが押し切って優勝。14頭立ての最低人気馬が重賞初制覇を果たした。1/2馬身差の2着はダノングラシアス、さらにクビ差の3着はウインソワレとなった。レオパルディナは6着だった。勝ちタイムは1分21秒7(良)。

コーナー通過順位

1コーナー
2コーナー
3コーナー 8,12-(6,5)(4,11)9(1,10)2(3,14,13)-7
4コーナー 8,12-(6,5)(4,11)(9,10)(1,2,13)(3,14)-7
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
S
200m 400m 600m 800m
12.3
12.3
23.4
11.1
35.3
11.9
47.3
12.0
1000m 1200m 1400m
58.9
11.6
1:10.2
11.3
1:21.7
11.5

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

レースメニュー