馬名
タイム
オッズ
1
3
3
ラキシス
牝5
468kg(+10)
ルメー 55.0
栗東・角居
2:02.9
(35.9)
12.0倍
4人気
2
5
7
キズナ
牡5
506kg(-8)
武豊 57.0
栗東・佐々木
2:03.2
2
(36.0)
1.4倍
1人気
3
3
4
エアソミュール
牡6
496kg(-6)
Mデム 57.0
栗東・角居
2:03.7
3
(37.5)
15.0倍
6人気
4
7
12
スピルバーグ
牡6
498kg(-10)
北村宏 58.0
美浦・藤沢和
2:03.8
1/2
(36.3)
7.4倍
2人気
5
6
9
ロゴタイプ
牡5
490kg(-8)
福永 57.0
美浦・田中剛
2:04.0
1.1/2
(38.0)
9.7倍
3人気
6
8
13
デウスウルト
セ7
472kg(-6)
川田 56.0
栗東・平田
2:04.2
3/4
(37.7)
41.8倍
8人気
7
2
2
ダノンヨーヨー
牡9
512kg(0)
幸 56.0
栗東・音無
2:04.2
クビ
(37.5)
171.7倍
12人気
8
4
6
カレンブラックヒル
牡6
488kg(+6)
松山 57.0
栗東・平田
2:04.5
1.3/4
(38.5)
12.1倍
5人気
9
6
10
ショウナンパンドラ
牝4
452kg(+6)
浜中 55.0
栗東・高野
2:04.8
2
(38.4)
21.8倍
7人気
10
1
1
トラストワン
牡7
496kg(-2)
和田 56.0
栗東・庄野
2:05.1
1.3/4
(38.9)
341.6倍
14人気
11
5
8
ムスカテール
牡7
494kg(+12)
四位 56.0
栗東・友道
2:05.2
3/4
(37.5)
312.8倍
13人気
12
8
14
タガノグランパ
牡4
488kg(+8)
菱田 56.0
栗東・松田博
2:05.3
1/2
(39.1)
103.3倍
10人気
13
4
5
ゼロス
牡6
506kg(0)
藤田 56.0
栗東・石橋
2:06.0
4
(40.2)
162.7倍
11人気
14
7
11
キングズオブザサン
牡4
472kg(-8)
蛯名 56.0
栗東・荒川
2:06.3
2
(39.6)
99.6倍
9人気
映像の公開時間

レース入線後約4分前後

※公開が遅れることがありますのでご了承ください。

競輪を気軽に楽しもう!nerkeirin

払戻金

単勝 3 
1,200円 4人気
複勝 3
7
4
220円
110円
250円
4人気1人気6人気
枠連
  • 3
  • 5

400円 1人気
馬連
  • 3
  • 7

840円 3人気
ワイド
  • 3
  • 7

  • 3
  • 4

  • 4
  • 7

370円
1,030円
390円
3人気14人気5人気
馬単
  • 3
  • 7

2,940円 11人気
3連複
  • 3
  • 4
  • 7
1,980円 8人気
3連単
  • 3
  • 7
  • 4
16,620円 57人気

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

ゴール前写真・回顧

もっと見る

■ラキシスがキズナを撃破! C.ルメール騎手は重賞で「初勝利」

 各馬揃ったスタート。まずは5番ゼロスがハナを切り、これに6番カレンブラックヒル、9番ロゴタイプ、1番トラストワンらが続いて最初のコーナーへ。

 2コーナーに入り、先頭は依然ゼロス。リードは6馬身ほどに広がった。2番手はカレンブラックヒル、1馬身差でトラストワンとロゴタイプ、その直後を4番エアソミュールが追走。2馬身差で14番タガノグランパ、1馬身差で10番ショウナンパンドラ、さらに13番デウスウルト、2番ダノンヨーヨーと続く。2馬身開いて11番キングズオブザサン、1馬身半差で3番ラキシス、さらに3馬身開いたところに7番キズナがいる。1馬身差で8番ムスカテールが続き、その外の12番スピルバーグが最後方となった。

 1000mの通過タイムは61.1秒。3?4コーナーに入ってゼロスのリードはなくなり、後続各馬が差を詰め馬群は一気に凝縮。キズナも外から進出を開始して最後の直線を迎える。

 直線に入り、一杯になったゼロスを交わしてカレンブラックヒルが先頭に立つが、こちらも余力は少ない様子。早くも馬群の一番外からキズナが各馬を飲みこむ勢いを見せ、その内でラキシスも脚を伸ばしている。エアソミュールも内から外に出して進路を取ったが、キズナ・ラキシスとの勢いの差は明らか。残り200m地点でキズナが先頭に立ったが、さらにその内からラキシスが突き抜ける。キズナも懸命に追いすがるものの、ラキシスとの差は開いていき、結局ラキシスがキズナに2馬身のリードをつけてゴール板を駆け抜けた。鞍上のC.ルメール騎手は、これがJRA所属ジョッキーとしての初勝利。2着キズナから3馬身差の3着には、エアソミュールが入った。スピルバーグは4着、ロゴタイプは5着だった。勝ちタイムは2分2秒9(不良)。

コーナー通過順位

1コーナー 5-6(1,9)(4,14)(10,13)(2,11)3-7-8-12
2コーナー 5=6(1,9)4,14,10,13,2,11,3-7-8,12
3コーナー 5-6,9(1,4)14,10,13,2,11,3-7,12,8
4コーナー (*5,6)9(1,4,14)(10,13)2,11,3,7,12-8
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
M
200m 400m 600m 800m
12.8
12.8
23.9
11.1
36.6
12.7
48.8
12.2
1000m 1200m 1400m 1600m
1:01.1
12.3
1:13.5
12.4
1:25.8
12.3
1:38.0
12.2
1800m 2000m
1:50.1
12.1
2:02.9
12.8

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

レースメニュー