ゴール前写真・回顧

もっと見る

■サンクテュエールが一騎打ちを制し重賞初制覇

 1番サンクテュエールと5番オーマイダーリンが出負け。6番プリンスリターンが好スタートから先手を窺うも、内から2番ヴァルナが制してハナに立った。

 プリンスリターンは2番手に控え、その外から7番ディモールト、内から3番コルテジアが先行態勢。この馬群の外に9番ルーツドールがいて、サンクテュエールは内から盛り返していく。

 8番カバジェーロは先行集団の2馬身後ろで控え、直後に4番タガノビューティーが追走。更に離れてオーマイダーリン、最後方に10番ヒシタイザンという隊形。最初の600mは35秒4。

 ヴァルナが単独先頭でレースを引っ張っていく。2番手はプリンスリターン、3番手の内にサンクテュエール。4コーナーでペースが上がり、馬群がばらけた形で直線に入った。

 残り200m手前でプリンスリターンがヴァルナを捕まえて単独先頭に立つ。そのまま押し切ろうかという勢いがあったが、内からサンクテュエールが食い下がり最後はこの2頭の一騎打ちに。

 結局、サンクテュエールがゴール前でプリンスリターンを捕まえて優勝。勝ちタイムは1分35秒9(良)。プリンスリターンはクビ差遅れた2着となった。更に4馬身離された3着にコルテジアが入った。1番人気ルーツドールは4コーナーですでに手応えが怪しく7着。

コーナー通過順位

1コーナー
2コーナー
3コーナー 2,6(1,7)(3,9)(5,8,4)-10
4コーナー 2,6(1,7)(3,9)(5,8,4)-10
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
M
200m 400m 600m 800m
12.5
12.5
23.6
11.1
35.4
11.8
48.0
12.6
1000m 1200m 1400m 1600m
1:00.2
12.2
1:12.4
12.2
1:23.9
11.5
1:35.9
12.0

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

特集

レースメニュー