ゴール前写真・回顧

もっと見る

■ジオグリフが押し切り重賞初制覇

 3番ダークエクリプスはゲート入り後に放馬して競走除外。2番トップキャストが好スタートから先手を取ると、6番オンリーオピニオンががっちり2番手を確保。内から1番リューベックが3番手を取り1〜2コーナーを回っていく。

 4番手に8番クリノメガミエース。やや間が空いて4番エーティーマクフィ、5番ユキノオウジサマ。後方に10番トーセンヴァンノ、7番アスクワイルドモア、9番ジオグリフが追走していく。最初の1000mは1分0秒3。

 最後方にいたジオグリフが向こう正面で進出を開始。一頭だけ手応えが違い、4コーナーでは逃げるトップキャストを射程圏に入れている。ユキノオウジサマ、クリノメガミエースは後退。9頭がばらけたまま直線に入った。

 直線に入るとジオグリフが一気に先頭に立ち、後続を突き放していく。後方待機のアスクワイルドモアとトーセンヴァンノも追い込んでくるが、ジオグリフは危なげなく押し切って優勝した。ドレフォン産駒はJRA重賞初勝利で、新種牡馬のJRA重賞勝ち一番乗りとなった。勝ちタイムは1分49秒1(良)。4馬身差の2着にアスクワイルドモア、さらに1.1/2馬身差の3着にトーセンヴァンノが入った。

コーナー通過順位

1コーナー 2,6,1(4,5,8)(7,10)9 3
2コーナー 2,6,1,8(4,5)(7,10)9 3
3コーナー 2(1,6)8(4,9)10,7=5 3
4コーナー 2,6(1,9)-4,10,7-8=5 3
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
M
200m 400m 600m 800m
12.6
12.6
24.5
11.9
36.4
11.9
48.3
11.9
1000m 1200m 1400m 1600m
1:00.3
12.0
1:12.3
12.0
1:24.5
12.2
1:36.6
12.1
1800m
1:49.1
12.5

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

特集

レースメニュー