5/30(日)
東京

ゴール前写真・回顧

もっと見る

■シャフリヤールが激戦を制して戴冠! 福永祐一騎手は史上3人目のダービー連覇!

 17番バスラットレオンが押してハナを主張。これに14番タイトルホルダーが続き、1番エフフォーリアもスタートを決めて好位につけ最初のコーナーへ。1コーナーを回ってバスラットレオンのリードは3馬身ほど。2番手にタイトルホルダー、1馬身差で2番ヴィクティファルス、その内にエフフォーリアがいる。

 7番グラティアスがヴィクティファルスの外まで上がる。エフフォーリアは少しポジションを下げ、その外に16番サトノレイナスが上がってきた。この2頭を見る位置に10番シャフリヤール、その外に12番ワンダフルタウン、6番バジオウ、直後に8番ヨーホーレイクが続く。

 ヨーホーレイクの外に13番グレートマジシャン、1馬身差で3番タイムトゥヘヴンと9番ラーゴム、その外に11番ステラヴェローチェと15番アドマイヤハダルが並ぶ。2馬身差で5番ディープモンスター、一頭離れた最後方が4番レッドジェネシスとなった。

 1000mの通過タイムは60.3秒。3コーナーに入り、サトノレイナスは2番手に浮上。その後ろにアドマイヤハダルとディープモンスターが上がってきた。エフフォーリアは中団まで下げて我慢し、その外にシャフリヤールがいる。グレートマジシャンは大外を回って最後の直線を迎える。

 直線に入り、エフフォーリアが最内から外に持ち出して進路を取る。その外、馬場の中ほどにサトノレイナス、大外にグレートマジシャン。シャフリヤールも狭いところをこじ開けてなんとか進路を確保した。残り300mを切ってエフフォーリアが先頭に躍り出る。サトノレイナスも食らいつくが、エフフォーリアの後ろからシャフリヤールが一気に上がってきた。

 残り100mでシャフリヤールはエフフォーリアの内から並びかける。サトノレイナスはこの2頭から一歩遅れ、グレートマジシャン、ステラヴェローチェとの3位争いに。最後はシャフリヤールとエフフォーリアが並んでゴール。写真判定の結果、シャフリヤールが2018年生まれのサラブレッド7398頭の頂点に立った。鞍上の福永祐一騎手は昨年のコントレイルに続くダービー連覇を達成。

 ハナ差2着となったエフフォーリアから1.1/4馬身差の3着も接戦となったが、ステラヴェローチェに軍配が上がった。4着はグレートマジシャン、5着はサトノレイナス。勝ちタイムは2分22秒5(良)。

コーナー通過順位

1コーナー 17-14(1,2)(6,7)(10,16)8(3,9,12)(5,11,13)-15=4
2コーナー 17(14,7)(1,2,16)10(6,8,12)(3,9,13)(5,11,15)=4
3コーナー 17(7,16)(15,5)(14,2,12)(1,13)(10,8)(6,9,11)3,4
4コーナー (*17,7,16)14(2,12,15,5)(1,10,13)(6,9,8,11)3-4
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
S
200m 400m 600m 800m
12.2
12.2
22.8
10.6
35.0
12.2
48.0
13.0
1000m 1200m 1400m 1600m
1:00.3
12.3
1:12.7
12.4
1:25.5
12.8
1:37.2
11.7
1800m 2000m 2200m 2400m
1:48.6
11.4
2:00.1
11.5
2:10.9
10.8
2:22.5
11.6

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

特集

レースメニュー