ゴール前写真・回顧

もっと見る

■シュネルマイスターがゴール前で差し切り重賞2勝目

 6番カデナは出遅れ。7番ダノンキングリーも滑るようなスタートで後方になり、1番シュネルマイスターも騎手がバランスを崩して後方に置かれる。

 外から13番トーラスジェミニが先手を取っていく。8番ダイワキャグニーが2番手につけ、11番カイザーミノル、5番ポタジェ、10番ケイデンスコールと続いていく。トーラスジェミニのペースが速く、各馬縦長でばらけている。

 中団以降は12番ヴァンドギャルド、3番ラストドラフト、9番ヴェロックス、2番サンレイポケット、4番マイネルファンロン。ダノンキングリーは向こう正面で一気に好位の後ろまで上がっていく。後ろから2頭目がシュネルマイスターで、最後方にカデナが追走。最初の1000mは58秒5。

 トーラスジェミニはペースを緩めることなくコーナーを回り、各馬ばらけたまま直線へと入った。内からダイワキャグニーが抜け出すが、序盤で脚を使っていたダノンキングリーにもまだ十分に手ごたえがあるようで、追い出されると残り200mを切ったところで先頭に立つ。

 ダノンキングリーがそのまま押し切るかにも思われたが、後方にいたシュネルマイスターがゴール前で急追。一完歩ずつ差を詰め、ゴール寸前でダノンキングリーを差し切って優勝した。勝ちタイムは1分44秒8(良)。ダノンキングリーはアタマ差の2着。3着には好位の後ろから伸びたポタジェが入った。

コーナー通過順位

1コーナー
2コーナー (8,*13)11,5,10,12,3(2,9)4,1,7-6
3コーナー 13-8,11-5,7(10,12)(3,9)(2,4)1-6
4コーナー 13,8,11,5,7,10,12,3,9(2,1,4)6
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
M
200m 400m 600m 800m
12.6
12.6
23.5
10.9
34.8
11.3
46.7
11.9
1000m 1200m 1400m 1600m
58.5
11.8
1:10.2
11.7
1:21.5
11.3
1:32.9
11.4
1800m
1:44.8
11.9

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

特集

レースメニュー