ゴール前写真・回顧

もっと見る

■アカイトリノムスメが抜け出してGI初制覇

 13番ホウオウイクセルは出遅れ。5番エイシンヒテンが先手を取り、4番ソダシが2番手。10番アールドヴィーヴル、1番スルーセブンシーズ、9番アンドヴァラナウトも先行していく。エイシンヒテン以降の後続はばらけて2コーナーを回っていく。

 好位後ろから中団にかけて12番アカイトリノムスメ、3番クールキャット、7番サルファーコスモス、15番アナザーリリック、6番スライリー。14番ファインルージュは中団後方追走で、以下2番ステラリア、16番ミスフィガロ、8番エンスージアズム、11番ユーバーレーベン。最後方にホウオウイクセルという隊形。最初の1000mは1分1秒2。

 エイシンヒテンのペースで3-4コーナーを回っていく。2番手のソダシが追い上げにかかり、この2頭が後続にやや差を付けて直線に向かった。

 ソダシは直線に入ると勢いがなく、エイシンヒテンに並びかけることもできずに馬群に沈んでいく。後続は内からアンドヴァラナウトが抜け出し、外からはアカイトリノムスメ、ファインルージュがエイシンヒテンに迫る勢いで脚を伸ばしてきた。

 ゴール前はアンドヴァラナウト、アカイトリノムスメ、ファインルージュの3頭が抜け出して接戦となるが、アカイトリノムスメが抜け出て優勝。最後の一冠で悲願の親子制覇を果たした。勝ちタイムは2分1秒2(良)。1/2馬身差の2着がファインルージュ、さらに1/2馬身差の3着にアンドヴァラナウトが入った。逃げ粘ったエイシンヒテンは4着と健闘。ソダシは伸びを欠き10着だった。

コーナー通過順位

1コーナー 5,4,10(1,9)12(3,7)(6,15)(2,14)(8,16)11,13
2コーナー 5-4,10,1(9,12)3(7,15)6,14,2,16,8(13,11)
3コーナー 5,4(1,10)(9,12)(3,7,15)(6,14)(2,16)(8,11)13
4コーナー 5,4-10(1,12)9(7,15)3,14,6(2,16)-(8,11)-13
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
M
200m 400m 600m 800m
12.8
12.8
24.4
11.6
36.6
12.2
48.9
12.3
1000m 1200m 1400m 1600m
1:01.2
12.3
1:13.2
12.0
1:24.7
11.5
1:36.0
11.3
1800m 2000m
1:48.3
12.3
2:01.2
12.9

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

特集

レースメニュー