ゴール前写真・回顧

もっと見る

■グランアレグリアが史上6頭目の連覇で有終の美

 11番カテドラルが出遅れ。最内枠から1番ホウオウアマゾンが先手を取り、2番クリノガウディー、4番サリオス、9番グレナディアガーズと続いていく。差がない好位に5番サウンドキアラ、7番インディチャンプ。

 中団は固まって10番ロータスランド、3番シュネルマイスター、13番ダノンザキッド、8番ダーリントンホール、14番リプレーザ。中団後方に12番グランアレグリア。以下、6番ケイデンスコール、カテドラル、15番サウンドカナロア。最後方に16番レインボーフラッグという隊形。最初の600mは35秒6。

 GIとしてはスローペースで、各馬一団で3〜4コーナーを回っていく。ホウオウアマゾンが先頭で、2番手にサリオスが上がって直線へと入った。

 サリオスが先頭に立つが、その直後からインディチャンプが迫る。また、シュネルマイスターがその後ろで外に進路を見出して追い出しを開始。馬場の3分どころからはダノンザキッドも末脚を伸ばす。しかし、内の各馬を尻目に大外からグランアレグリアがぐんぐん前に詰め寄っていく。

 グランアレグリアは残り100mを切ったところで差し切りを決めて優勝。史上6頭目の連覇を飾り、自身の引退レースに華を添えた。勝ちタイムは1分32秒6(良)。シュネルマイスターが3/4馬身差の2着、ダノンザキッドがさらに1/2馬身差の3着に入った。

コーナー通過順位

1コーナー
2コーナー
3コーナー 1,2(4,9)(7,5)10(3,13)(8,14)12,6(11,15)16
4コーナー 1(4,9)2(7,5,10)(3,8,13,12,14)(6,11,15)16
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
S
200m 400m 600m 800m
12.5
12.5
23.7
11.2
35.6
11.9
47.6
12.0
1000m 1200m 1400m 1600m
59.3
11.7
1:10.4
11.1
1:21.1
10.7
1:32.6
11.5

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

特集

レースメニュー