ゴール前写真・回顧

もっと見る

■ピクシーナイトの弟フェーングロッテンが差し切り勝ち

 ばらけたスタートの中、7番ショウナンマグマがハナを主張して早くも先手。最初のコーナーを回りながら後続を引き離しにかかる。11番ソネットフレーズが単独の2番手に上がる。

 3、4番手に9番ベジャール、4番オウケンボルトがいて、そこからやや空いた中団馬群に5番クロスマジェスティ、3番フェーングロッテン、6番ボーンディスウェイ、8番タガノフィナーレ、1番サトノヘリオス。後方もばらけ13番ゴーゴーユタカ、10番ミッキーブンブン、2番ホウオウノーサイド、12番グランディアがそれぞれ単独で追走していく。

 最初の1000mは58秒8。3-4コーナーにかけて後続が徐々に前との差を詰め、馬群が凝縮していく。それでもショウナンマグマはまだ手応えが残っており、先手をキープして直線の攻防に入った。

 ショウナンマグマは直後にいたソネットフレーズを振り切って逃げ込みを図る。しかし、追い上げていたフェーングロッテンが内を突いてぐんぐんと迫ると、最後はショウナンマグマを交わし去って優勝した。勝ちタイムは1分46秒7(良)。

 ショウナンマグマは良く粘ったものの3/4馬身差の2着。クビ差の3着にサトノヘリオスが外から追い込んだ。

コーナー通過順位

1コーナー 7,11(4,9)5(3,6)(1,8,13)-10,2-12
2コーナー 7-11-(4,9)-(3,5)6(1,8)13-10,2-12
3コーナー 7,11,4(3,9,6)(8,5)1(13,10)-2,12
4コーナー (*7,11)(3,4)(9,6)(1,8)10,5(2,13)12
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
M
200m 400m 600m 800m
12.3
12.3
23.3
11.0
34.9
11.6
46.8
11.9
1000m 1200m 1400m 1600m
58.8
12.0
1:10.8
12.0
1:22.8
12.0
1:34.5
11.7
1800m
1:46.7
12.2

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

特集

レースメニュー