netkeiba.com

2018年3月18日

スプリングS特集

G2 中山 芝1800m 15:45

スプリングS レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
6
8
ステルヴィオ
牡3
466(+6)
ルメー 56.0
美浦・木村
1:48.1
(34.1)
2.3倍
1人気
2
4
5
エポカドーロ
牡3
492(-4)
戸崎圭 56.0
栗東・藤原英
1:48.1
ハナ
(34.7)
5.3倍
3人気
3
8
12
マイネルファンロン
牡3
458(0)
柴田大 56.0
美浦・手塚
1:48.7
3.1/2
(35.0)
16倍
6人気

スプリングSコース分析

コースレコード 1:44.9 サクラプレジデント 2004年

スプリングS参考レース

ホープフルS

12月28日(木) 中山 芝2000m

1着:
タイムフライヤー
2着:
ジャンダルム
3着:
ステイフーリッシュ

朝日杯FS

12月17日(日) 阪神 芝1600m

1着:
ダノンプレミアム
2着:
ステルヴィオ
3着:
タワーオブロンドン

若竹賞

1月21日(日) 中山 芝1800m

1着:
レノヴァール
2着:
バケットリスト
3着:
ディロス

スプリングSレース掲示板

関連ニュース

スプリングSメニュー

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、52年に創設された4歳(現3歳)馬による重賞競走で、創設当初は東京競馬場・芝1800mの別定重量で行われていた。その後、負担重量が58年に定量に変更されたが、03年より馬齢重量で行われている。

 また、距離・開催場は幾度かの変更を経た後、60年以降は中山競馬場・1800mで定着して行われており、現在に至っている(64年および88年は中山競馬場の改修工事の為、東京競馬場・芝1800mで開催)。

 当競走は、58年に皐月賞トライアルに指定され、5着までの馬に皐月賞への優先出走権が与えられていたが、91年より3着までの馬に変更された。また、95年に中央競馬指定交流競走として皐月賞のステップ競走に指定され、地方馬は皐月賞出走候補馬が2頭まで出走可能となった。その後、05年からJRAの芝の3歳重賞優勝馬および06年からJRAの2歳GIを優勝した地方馬にも出走資格が与えられた。さらに、02年からは混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放されている。

 当競走は、84年のグレード制導入時にGIIに格付けされたが、07年の日本のパートI 国昇格に伴い、グレード表記がJpnIIに変更された。

 なお、競走名の『スプリング(Spring)』は、英語で「春」という意味。当競走は、皐月賞日本ダービーへと続く春のクラシック路線およびNHKマイルCのステップレースとして位置付けられており、春の大舞台を目指す若駒たちによる熱戦が繰り広げられている。

 過去の優勝馬の中から、02年のタニノギムレット(日本ダービー)、03年のネオユニヴァース(皐月賞日本ダービー)、06年のメイショウサムソン(皐月賞日本ダービー)、09年のアンライバルド(皐月賞)らが、のちに春のクラシックレースを制している。

続きを読む

重賞日程