netkeiba.com

2019年3月24日

高松宮記念特集

G1 中京 芝1200m 15:40

高松宮記念コース分析

コースレコード 1:06.7 ビッグアーサー 2016年

岩田康誠高松宮記念 岩田康誠のコース解説

――ロードカナロアが制覇した2013年は現在のコースに改修された翌年でした。11番枠からスタートして、道中は中団の内から3-4頭目でしたね。

岩田 前半のペースが速いと、脚が上がってしまうっていうのもあるのでその位置でした。前半3Fを34秒台で行けば、カナロアは絶対に伸びるっていう自信がありました。GIなのでだいたいペースは速くなるんですが、リズムよく走らせてって感じですね。

――直線ではやや外に持ち出しました。馬場のいい所を選んだということでしょうか?

岩田 ペースが流れて4コーナーまで脚を溜められたので、直線はしっかり進路のある所を選びました。

――ゴール前で計算しつくしたように差し切りました。

岩田 ポジションをスッと取りに行ければいいんでしょうけど、他馬の関係もありますし、カナロア自身、位置を取りに行って伸びるって馬でもなかったです。でも、最後は一番強かったですね。

――ロードカナロアの強さを信じての騎乗だったわけですね。一方、昨年・一昨年と2着に惜敗したレッツゴードンキは2年ともにインコースを選択しました。

岩田 この馬はゲートを出る時と出ない時があるんです。スタートして進まない時もあるので、ちょっと難しさもあります。そんな中で内を回ろうと思ったのは枠順ですね。一昨年も2枠3番だったので。

――一昨年は稍重で、他馬がみんな外を回る中、たった1頭最内を通ってきました。インを狙った理由というのは何なのでしょうか?

岩田 3-4コーナーでいかに楽をするか、ですね。

――最後に、高松宮記念の馬場の印象はいかがですか?前年12月からほぼ3開催連続に近い形で使用された中京開催の最終週となります。

岩田 雨が降ったり、天候でゴロッと馬場が変わるので、注意しておかないといけないと思います。

続きを読む

高松宮記念参考レース

オーシャンS

3月2日(土) 中山 芝1200m

1着:
モズスーパーフレア
2着:
ナックビーナス
3着:
ダイメイフジ

シルクロード

1月27日(日) 京都 芝1200m

1着:
ダノンスマッシュ
2着:
エスティタート
3着:
ティーハーフ

阪急杯

2月24日(日) 阪神 芝1400m

1着:
スマートオーディン
2着:
レッツゴードンキ
3着:
ロジクライ

高松宮記念レース掲示板

関連ニュース

高松宮記念メニュー

過去の全成績

レースガイド

 67年から行われていた「中京大賞典」において、70年に高松宮宣仁親王から優勝杯が下賜されたのをきっかけに、「高松宮杯」として71年に新設。ちなみにこの年、中京競馬場に芝コースが設置されている。

 以降、中京競馬場における夏の風物詩として定着し、ハイセイコートウショウボーイハギノトップレディといった錚々たる名馬が勝ち馬に名を連ねている。84年にグレード制施行によりGIIに格付けされた後も、オグリキャップをはじめ、バンブーメモリーダイタクヘリオスなどのGI馬がこのレースを制している。

 96年に短距離重賞路線の整備が行われた結果、従来の芝2000mから芝1200mのスプリント戦に生まれ変わり、同時に中央4場以外の競馬場では初となるGI競走へ昇格した。98年にレース名が現在の「高松宮記念」に変更となり、00年には従来の5月の開催から3月下旬へと時期も変更された。さらに01年には国際競走となり、07年からは日本がパートI国入りした影響で、国際GIに格付けされている。11年は中京競馬場の改修に伴い、阪神競馬場の芝1200mで実施された。

 なお、スプリント戦となった96年の勝ち馬はフラワーパーク

続きを読む

重賞日程

2019年03月

2(土) オーシャンS
2(土) チューリップ賞
3(日) 弥生賞
9(土) 中山牝馬S
10(日) 金鯱賞
10(日) フィリーズレビュー
16(土) フラワーC
16(土) ファルコンS
17(日) スプリングS
17(日) 阪神大賞典
23(土) 日経賞
23(土) 毎日杯
24(日) マーチS
24(日) 高松宮記念
30(土) ダービー卿CT
31(日) 大阪杯