netkeiba.com

2018年9月9日

セントウルS特集

G2 阪神 芝1200m 15:35

セントウルS レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
8
14
ファインニードル
牡5
470(+4)
川田 58.0
栗東・高橋忠
1:08.8
(34.6)
3.4倍
1人気
2
2
2
ラブカンプー
牝3
434(+8)
Mデム 52.0
栗東・森田
1:09.0
1.1/2
(35.7)
3.9倍
2人気
3
7
13
グレイトチャーター
牡6
488(+4)
幸 56.0
栗東・鮫島
1:09.1
1/2
(34.2)
20倍
7人気

セントウルSコース分析

コースレコード 1:07.1 ビリーヴ 2002年

セントウルS参考レース

アイビスSD

7月29日(日) 新潟 芝1000m

1着:
ダイメイプリンセス
2着:
ラブカンプー
3着:
ナインテイルズ

CBC賞

7月1日(日) 中京 芝1200m

1着:
アレスバローズ
2着:
ナガラフラワー
3着:
セカンドテーブル

北九州記念

8月19日(日) 小倉 芝1200m

1着:
アレスバローズ
2着:
ダイメイプリンセス
3着:
ラブカンプー

セントウルSレース掲示板

関連ニュース

セントウルSメニュー

過去の全成績

レースガイド

 87年に4歳(現3歳)以上の別定重量で争われる重賞競走『セントウルS』として創設され、第1回は阪神競馬場の芝1400mで行われた。創設当初は1400mの距離で行われていたが、00年に短距離路線の整備により1200mに短縮され、スプリンターズSの重要な前哨戦として位置付けされた(阪神競馬場工事期間中は、中京競馬場・芝1200m、または京都競馬場・芝1400mで開催)。

 本競走は創設当初、GIIIに格付けされていたが、06年にGIIに格上げされるとともに、「サマースプリントシリーズ」の最終戦に指定された。

 出走資格は、89年から混合競走となり外国産馬にも開放された。また、95年から中央競馬指定交流競走となり、00年から地方馬はスプリンターズS出走候補馬が3頭まで出走可能になった。さらに05年、世界初の国際スプリントシリーズとなるグローバル・スプリント・チャレンジが創設され、本競走はその第5戦に指定された。これに伴い、地方馬は同グローバル・スプリント・チャレンジ対象競走の2着以内馬にも出走が認められた。また、同年から国際競走となり、4頭の外国馬が出走可能になったが、07年の日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大された。

 レース名の『セントウル(Centaur)』は、ギリシャ神話のケンタウロスを英語読みしたもので、上半身が人間、腰から下が馬の形をした想像上の生き物である。

続きを読む

重賞日程

2018年03月

3(土) オーシャンS
3(土) チューリップ賞
4(日) 弥生賞
10(土) 中山牝馬S
11(日) 金鯱賞
11(日) フィリーズレビュー
17(土) フラワーC
17(土) ファルコンS
18(日) スプリングS
18(日) 阪神大賞典
24(土) 日経賞
24(土) 毎日杯
25(日) マーチS
25(日) 高松宮記念
31(土) ダービー卿CT