netkeiba.com

2018年9月17日

セントライト記念特集

G2 中山 芝2200m 15:45

セントライト記念 レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
3
4
ジェネラーレウーノ
牡3
506(+8)
田辺 56.0
美浦・矢野
2:12.1
(35.2)
7.3倍
4人気
2
8
15
レイエンダ
牡3
486(0)
ルメー 56.0
美浦・藤沢和
2:12.3
1.1/4
(34.6)
1.9倍
1人気
3
2
2
グレイル
牡3
494(+8)
岩田 56.0
栗東・野中
2:12.5
1.1/4
(34.3)
19.4倍
6人気

セントライト記念コース分析

コースレコード 2:10.1 コスモバルク 2004年

セントライト記念参考レース

松前特別

7月22日(日) 函館 芝2000m

1着:
レイエンダ
2着:
エルリストン
3着:
カリビアンゴールド

東京優駿

5月27日(日) 東京 芝2400m

1着:
ワグネリアン
2着:
エポカドーロ
3着:
コズミックフォース

西部スポニチ

8月19日(日) 小倉 芝1800m

1着:
タニノフランケル
2着:
カフジバンガード
3着:
ロードスター

セントライト記念レース掲示板

関連ニュース

セントライト記念メニュー

過去の全成績

レースガイド

 日本競馬史上初の三冠馬であるセントライト(1938年生・12戦9勝)の栄誉を称え、1947年に創設された4歳(現3歳)限定の重賞競走である(1955年までは、牡馬限定で行われた)。

 創設当時は、東京競馬場・芝2400mを舞台に別定重量で行われていたが、幾度か距離と開催場が変更された後、1980年から現行の中山競馬場・芝2200m(外回り)に定着した。負担重量は、1971年から2002年までは定量、2003年以降は馬齢重量で行われている。

 なお、1984年のグレード制導入に伴い、GIIIに格付けされたが、1987年にGIIに格上げされた。また、1995年から菊花賞トライアルに指定され、本競走の3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられた。

 出走資格は、1995年に中央競馬指定交流競走となり、地方馬は菊花賞出走候補馬2頭が出走可能となったが、2000年から出走枠が3頭に拡大された。また、2001年から外国産馬が菊花賞に出走可能となったことに伴い、本競走も混合競走に指定され、外国産馬に開放された。

 その後、2005年から地方馬は3歳春のクラシック競走およびNHKマイルCで2着以内に入った馬にも出走資格が与えられた。さらに、2010年から国際競走に指定され、外国馬は9頭まで出走可能となった。

続きを読む

重賞日程