1
タイムフライヤー
松田師
Q 状態面は〈森岡〉
前走で走り切っていなかった分、レース後の回復が早かった。体も増えて使った効果がうかがえる状況。函館の内容からも去年の今頃とは違うので、馬込みで脚をためて運べれば。
2
ゴールドドリーム
平田師
Q 南部杯6着〈赤木〉
状態は良かっただけに敗因がつかめないが、レコード決着が影響したのかな。それにしても盛岡ではいい結果が出ないね。中京に変わるのはプラスなので、本来の走りができれば。
3
メイショウワザシ
南井師
Q 戦法は〈森田〉
逃げる形がベストだけど、もまれなければ2番手でも大丈夫。リズム良く運べれば、前走のように少々速くなっても簡単にはバテない。出来は本当にいいので、頑張ってほしいね。

提供:デイリースポーツ

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

レースメニュー