1
パルクデラモール
鹿戸師
この馬もいい脚を使っているけど前が止まらなかった。ハンデの恩恵に期待。
2
レティキュール
斉藤崇師
しまいを生かす形が板についてきた。昇級でも52舛把樟が長い東京なら。
3
カーロバンビーナ
斎藤助手
体がふっくらしているし、久々も苦にしないタイプ。ハンデも魅力ですね。

提供:デイリースポーツ

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

レースメニュー