1
ソングライン
林師
Q 前走3着は〈文元〉
初の古馬相手で道中もプレッシャーをかけられたが、そのなかでよく頑張っていた。厳しい競馬を経験したことが今回に生きるはず。
2
ザダル
大竹師
Q 前回敗因は〈澤田〉
枠、馬場、展開と全て不向きでした。追い切りの動きは前走より良くなっていましたね。千六は新馬以来でも東京なら対応できる。
3
マイラプソディ
大江助手
Q 叩き2走目〈矢野〉
中間は状態を維持することに重点を置き、変わりなくきています。重賞でレベルは上がるが、いい位置で流れに乗って運べれば。

提供:デイリースポーツ

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

レースメニュー