1
アーバンイェーガー
高橋文師
本気で走らない面があり間隔が詰まる点は大丈夫。末脚の生きる流れなら。
2
タイガーサイレンス
大橋師
除外続きで延びたが、変わりなく順調。条件はいいので適度に時計を要せば。
3
ミスズフリオーソ
森貞助手
斤量増がどうかだが、この距離で集中力を持続できればもう少しやれても。

提供:デイリースポーツ

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

レースメニュー