1
メイショウウズマサ
安田隆師
競り合う格好になった前走でも粘り強く頑張っていた。スタートが五分なら。
2
バティスティーニ
池添学師
寒い時季が合っている。相性がいい阪神コースで改めて期待したいところ。
3
ケイアイターコイズ
新谷師
手応え通りに伸びるし、ノドの手術効果は十分。今なら右回りの昇級戦でも。

提供:デイリースポーツ

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

レースメニュー