1
ケイカ
庄野師
まだ緩さがあるので使いつつだろうが、攻め時計は出ている。芝でどこまで。
2
ボルザコフスキー
清水久師
馬格があるので使えばもっと良くなるけど、追うごとに気配は上向きです。
3
メイショウミザオ
本田師
栗東のCWでラスト11秒台をマーク。引っ掛かるタイプでもなく乗りやすい。

提供:デイリースポーツ

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

レースメニュー