マルチメニュー機能を追加!

どの画面からでもすべてのレースメニューが使える『マルチメニュー』を追加しました!

マルチメニューは右上のメニューボタンからご利用頂けます!

マルチメニュー



馬名
タイム
オッズ
1
7
11
ダノンキングリー
牡5
456kg(+6)
川田 58.0
美浦・萩原
1:31.7
(33.1)
47.6倍
8人気
2
4
5
グランアレグリア
牝5
502kg(+4)
ルメー 56.0
美浦・藤沢和
1:31.7
アタマ
(32.9)
1.5倍
1人気
3
8
13
シュネルマイスター
牡3
474kg(-6)
横山武 54.0
美浦・手塚
1:31.8
1/2
(33.4)
10.2倍
4人気
4
5
8
インディチャンプ
牡6
484kg(+6)
福永 58.0
栗東・音無
1:31.9
クビ
(33.5)
7.0倍
2人気
5
6
9
トーラスジェミニ
牡5
472kg(-4)
戸崎圭 58.0
美浦・小桧山
1:32.1
1.1/4
(34.2)
153.6倍
13人気
6
6
10
カデナ
牡7
480kg(-4)
武豊 58.0
栗東・中竹
1:32.2
1/2
(33.2)
167.9倍
14人気
7
4
6
ダノンプレミアム
牡6
510kg(+10)
池添 58.0
栗東・中内田
1:32.3
1
(34.1)
19.2倍
6人気
8
1
1
サリオス
牡4
536kg(-2)
松山 58.0
美浦・堀
1:32.4
クビ
(33.7)
7.9倍
3人気
9
2
2
ギベオン
牡6
512kg(0)
西村淳 58.0
栗東・藤原英
1:32.6
1.1/4
(34.2)
100.6倍
11人気
10
7
12
ケイデンスコール
牡5
470kg(0)
岩田康 58.0
栗東・安田隆
1:32.6
アタマ
(33.9)
14.7倍
5人気
11
3
3
ダイワキャグニー
セ7
492kg(-2)
石橋脩 58.0
美浦・菊沢
1:32.7
1
(34.9)
123.9倍
12人気
12
8
14
カテドラル
牡5
488kg(+4)
田辺 58.0
栗東・池添学
1:32.8
アタマ
(33.9)
74.5倍
9人気
13
3
4
カラテ
牡5
526kg(-4)
菅原明 58.0
美浦・高橋祥
1:33.0
1.1/4
(34.1)
77.5倍
10人気
14
5
7
ラウダシオン
牡4
516kg(+2)
Mデム 58.0
栗東・斉藤崇
1:34.5
9
(36.3)
27.9倍
7人気
映像の公開時間

レース入線後約4分前後

※公開が遅れることがありますのでご了承ください。

競輪を気軽に楽しもう!nerkeirin

払戻金

単勝 11 
4,760円 8人気
複勝 11
5
13
710円
110円
240円
9人気1人気4人気
枠連
  • 4
  • 7

720円 4人気
馬連
  • 5
  • 11

2,950円 9人気
ワイド
  • 5
  • 11

  • 11
  • 13

  • 5
  • 13

1,160円
5,460円
400円
12人気39人気3人気
馬単
  • 11
  • 5

12,090円 29人気
3連複
  • 5
  • 11
  • 13
8,860円 26人気
3連単
  • 11
  • 5
  • 13
110,420円 247人気

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

ゴール前写真・回顧

もっと見る

■ダノンキングリーが接戦制し悲願のGI初制覇! グランアレグリア連覇ならず2着

 14番カテドラルがスタートで出遅れ。3番ダイワキャグニーがハナを切り、半馬身差の2番手に9番トーラスジェミニ、1馬身半差で6番ダノンプレミアムと7番ラウダシオンが続く。1馬身半差で2番ギベオンと8番インディチャンプ、その外に13番シュネルマイスターがいる。

 1馬身差で1番サリオスと11番ダノンキングリー。1馬身半差で12番ケイデンスコール、その内に5番グランアレグリア、直後に4番カラテが続く。カラテの外にカテドラル、この2頭の直後の10番カデナが最後方となった。600mの通過タイムは34.9秒。各馬3から4コーナーを回って最後の直線を迎える。グランアレグリアは外に出せず馬群の中で我慢する展開。

 直線に入り、まずはダイワキャグニーをトーラスジェミニやインディチャンプが追う。インディチャンプの外からはダノンキングリーとシュネルマイスターが脚を伸ばしている。グランアレグリアは窮屈なところにいるも、内に切れ込みながら上がってきた。

 残り200mを切ってインディチャンプがわずかに先頭に立つも、グランアレグリアが内から並んできた。外からはダノンキングリーとシュネルマイスターが上がってきて、ゴール前はグランアレグリアとダノンキングリーの追い比べとなった。

 最後はダノンキングリーがグランアレグリアをアタマ差退けて優勝。悲願のGI初制覇を成し遂げた。2着グランアレグリアから1/2馬身差の3着はシュネルマイスター。4着はインディチャンプ、5着はトーラスジェミニ、サリオスは8着という結果となった。勝ちタイムは1分31秒7(良)。

コーナー通過順位

1コーナー
2コーナー
3コーナー (*3,9)(6,7)(2,8,13)11(1,12)5(4,10,14)
4コーナー 3,9(6,7)(2,8,13)(1,11,12)5(4,14)10
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
M
200m 400m 600m 800m
12.3
12.3
23.3
11.0
34.9
11.6
46.4
11.5
1000m 1200m 1400m 1600m
57.8
11.4
1:09.0
11.2
1:20.0
11.0
1:31.7
11.7

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

レースメニュー