馬名
タイム
オッズ
1
4
7
ジャスティンパレス
牡3
452kg(+4)
鮫島駿 56.0
栗東・杉山晴
2:11.1
(34.4)
11.0倍
5人気
2
3
6
ヤマニンゼスト
牡3
494kg(-12)
武豊 56.0
栗東・千田
2:11.7
3.1/2
(34.5)
84.3倍
12人気
3
1
2
ボルドグフーシュ
牡3
496kg(+6)
吉田隼 56.0
栗東・宮本
2:11.8
1/2
(34.3)
8.3倍
4人気
4
6
12
ジュンブロッサム
牡3
466kg(+6)
坂井 56.0
栗東・友道
2:11.8
クビ
(35.1)
11.1倍
6人気
5
3
5
ヴェローナシチー
牡3
498kg(0)
団野 56.0
栗東・佐々木
2:11.9
クビ
(34.6)
8.1倍
3人気
6
1
1
リカンカブール
牡3
492kg(+4)
藤岡康 56.0
栗東・田中克
2:12.0
1/2
(35.6)
37.4倍
11人気
7
6
11
パラレルヴィジョン
牡3
510kg(+4)
ルメー 56.0
美浦・国枝
2:12.2
1.1/4
(35.0)
2.9倍
1人気
8
7
14
プラダリア
牡3
456kg(-2)
池添 56.0
栗東・池添学
2:12.2
クビ
(35.2)
4.0倍
2人気
9
7
13
ビーアストニッシド
牡3
456kg(-6)
岩田康 56.0
栗東・飯田雄
2:12.3
3/4
(35.2)
27.0倍
10人気
10
8
16
アスクワイルドモア
牡3
464kg(0)
岩田望 56.0
栗東・藤原
2:12.5
3/4
(35.0)
17.3倍
7人気
11
5
10
レヴァンジル
牡3
472kg(-6)
Mデム 56.0
美浦・堀
2:12.5
クビ
(35.5)
22.4倍
8人気
12
2
4
コントゥラット
牡3
484kg(+2)
北村友 56.0
栗東・吉岡
2:12.5
アタマ
(35.5)
160.3倍
15人気
13
8
17
サンセットクラウド
牡3
448kg(+10)
幸 56.0
栗東・矢作
2:12.6
1/2
(35.3)
147.8倍
14人気
14
4
8
メイショウラナキラ
牡3
440kg(-12)
秋山真 56.0
栗東・南井
2:13.0
2.1/2
(36.4)
119.5倍
13人気
15
5
9
サトノヘリオス
牡3
468kg(+8)
浜中 56.0
栗東・友道
2:13.5
3
(36.7)
26.8倍
9人気
16
8
15
アイキャンドウイッ
牡3
442kg(-10)
和田竜 56.0
栗東・池江
2:13.9
2.1/2
(36.6)
212.7倍
16人気
17
2
3
ミスターホワイト
牡3
498kg(-8)
松若 56.0
栗東・矢作
2:20.5
(43.8)
227.8倍
17人気
映像の公開時間

レース入線後約4分前後

※公開が遅れることがありますのでご了承ください。

競輪を気軽に楽しもう!nerkeirin

払戻金

単勝 7 
1,100円 5人気
複勝 7
6
2
380円
1,570円
280円
6人気12人気4人気
枠連
  • 3
  • 4

4,110円 19人気
馬連
  • 6
  • 7

37,540円 62人気
ワイド
  • 6
  • 7

  • 2
  • 7

  • 2
  • 6

8,570円
1,420円
6,260円
58人気17人気52人気
馬単
  • 7
  • 6

63,220円 120人気
3連複
  • 2
  • 6
  • 7
70,330円 159人気
3連単
  • 7
  • 6
  • 2
453,670円 918人気

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

ゴール前写真・回顧

もっと見る

■ジャスティンパレスが3馬身半差の圧勝で重賞初V

 ほぼ揃った飛び出しから1番リカンカブールが枠なりに先手を取り、後続を引き離して1・2コーナーを回っていく。3番ミスターホワイトが3馬身差の2番手に付け、以下8番メイショウラナキラ、12番ジュンブロッサム、7番ジャスティンパレス、9番サトノヘリオスと好位を追走。

 中団で4番コントゥラット、14番プラダリア、15番アイキャンドウイッが並ぶ。さらに13番ビーアストニッシド、11番パラレルヴィジョン、17番サンセットクラウド、6番ヤマニンゼスト、5番ヴェローナシチーと後方まで一団。10番レヴァンジルが外から進出していき、後方2番手に2番ボルドグフーシュ、最後方に16番アスクワイルドモアという隊形でレースが進む。

 最初の1000mは1分00秒0。3・4コーナーを回るにつれてリカンカブールの差は詰まり、ほとんど一団の馬群になる。ジャスティンパレスは内を取って2番手集団まで上がり、その外ではメイショウラナキラやジュンブロッサムが抜け出しを図る。

 直線の残り300mほどでジャスティンパレスが抜け出すと、そのまま後続を引き離していく。他に前々で立ち回ったリカンカブールやジュンブロッサムも良く粘るが、最後は内を突いたヤマニンゼストと大外に出されたボルドグフーシュが追い込んで2着争いは接戦模様。

 混戦の2着争いを尻目に、先に抜け出したジャスティンパレスは危なげなく押し切って優勝。日本ダービー9着以来の休み明けを重賞初制覇で飾った。勝ちタイムは2分11秒1(良)。

 3.1/2馬身差でヤマニンゼスト、さらに1/2馬身差の3着にボルドグフーシュが入り、この3頭が菊花賞の優先出走権を獲得。無傷2連勝中だったパラレルヴィジョン、青葉賞馬プラダリアは末脚目立たず7・8着に終わった。

コーナー通過順位

1コーナー 1-3,8(7,12)9(4,14,15)(11,13,17)(6,5)-(2,10)16
2コーナー 1(3,8)12,7,9(4,14,15)(11,13)17(6,5)-(2,10)-16
3コーナー 1(3,8)(7,9,12)10(4,14,13,15,17)(6,11,5,2)16
4コーナー 1,8(7,3,9,12)(4,14,13,10)(6,11)(5,15,17)(16,2)
コーナー通過順位の見方

1通過するコーナーの名称

2各コーナー通過時の順位
着順の色分け表記1着2着3着

記号の見方
,1,2,3は先行馬との間隔が1馬身以上2馬身未満の差を示します
-1-2-3は先行馬との間隔が2馬身以上5馬身未満の差を示します
=1=2=3は先行馬との間隔が5馬身以上の差を示します
()(1,2,3)は1馬身未満の間隔で並走している馬群を内側の馬番から示します
*(1,*2,3)の*印は馬群内の先頭馬を示します

ラップタイム

ペース
S
200m 400m 600m 800m
12.7
12.7
23.3
10.6
34.7
11.4
47.3
12.6
1000m 1200m 1400m 1600m
1:00.0
12.7
1:12.5
12.5
1:24.8
12.3
1:36.4
11.6
1800m 2000m 2200m
1:47.8
11.4
1:59.0
11.2
2:11.1
12.1

※上段:通過タイム、下段:ラップタイム

レースメニュー