netkeiba.com

チューリップ賞特集

2017年3月4日 阪神 芝1600

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

阪神 右 外芝1600m

コースレコード
1:32.0
マイネルポライト(2007年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 本競走は、4歳(現3歳)牝馬限定・馬齢重量による桜花賞指定オープン『チューリップ賞』として阪神競馬場・芝1600mを舞台に行われていたが、94年にGIIIの重賞競走に格上げされ、3着までの馬に桜花賞への優先出走権が与えられた。翌95年から桜花賞トライアルに指定されている(94年は中京競馬場・芝1700m、95年は京都競馬場・芝外回りコースの1600mで開催)。

 また、95年に中央競馬指定交流競走として桜花賞のステップ競走に指定され、地方馬は桜花賞出走候補馬が2頭まで出走可能となった。その後、05年からJRAの芝の3歳重賞優勝馬および06年からJRAの2歳GIを優勝した地方馬にも出走資格が与えられた。また、04年から混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放されている。さらに、10年から国際競走に指定され、外国馬が8頭まで出走可能となった。

 本競走は、牝馬クラシックの第一弾・桜花賞と同じコース・距離で行われるため、毎年多くの有力馬が参戦してくる。過去の優勝馬から、01年のテイエムオーシャン(桜花賞秋華賞)、04年のスイープトウショウ(秋華賞)、07年のウオッカ(日本ダービー)、09年のブエナビスタ(桜花賞オークス)らが同年のGI競走を制しており、出世レースとして名高い。

 競走名の『チューリップ(Tulip)』は、ユリ科の球根植物。園芸植物として人気が高く、品種改良によって数百種類もの色・形が存在する。茎が出て幅広い葉が数枚付き、4-5月頃に大きな花を一つ咲かせる。花言葉は「永遠の愛情」「愛の告白」「名声」など、色によってさまざまな解釈がある。

⇒続きを読む

重賞日程