netkeiba.com

平安S特集

2017年5月20日 京都 ダ1900

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

京都 右ダ1900m

コースレコード
1:53.7
ワンダーアキュート(2011年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 94年、ダート重賞競走の整備の一環として、5歳(現4歳)以上・混合・指定・馬齢重量による重賞競走『平安S』が創設された。なお、創設初年である94年は、京都競馬場の改修工事のため、阪神競馬場・ダート1800mで開催されたが、翌95年から京都競馬場のダート1800mを舞台に、別定重量に変更して行われ、フェブラリーSのステップレースとして位置付けられていた。

 13年からは東海Sと入れ替わる形で施行時期が5月に移行。距離もダート1900mに延長され、帝王賞の前哨戦という位置づけになった。

 地方競馬招待として創設された初年度以降、地方馬は5頭まで出走が認められていたが、06年より4頭に変更された。また同年、国際競走に指定され、外国馬は4頭まで出走可能となったが、翌07年に日本がパートI国に昇格したことにより、外国馬の出走枠が8頭に拡大された。

 競走名の『平安』とは、かつて日本の首都として、京都に置かれていた平安京のことを指す。平安京は、延暦13年(西暦794年)に、長岡京から遷都された都で、大きさは東西4.5km、南北5.2kmの長方形に区画された都城。平安遷都1100年を記念して95年に建立された平安神宮は、太極殿と応天門を模造し、平安京の大内裏の規模を3分の2で縮小して示している。祭神は桓武天皇で、40年に孝明天皇が併せ祀られた。例年10月22日には、京都三大祭のひとつである時代祭が行われている。

⇒続きを読む

重賞日程