netkeiba.com

朝日杯FS特集

2016年12月18日 阪神 芝1600

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

阪神 右 外芝1600m

参考タイム
1:33.1

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

「朝日杯3歳ステークス」として1949(昭和24)年に創設された当競走。当初は西の阪神3歳Sに対して、東の3歳(旧表記)チャンピオン決定戦として行われていた。創設時は中山の芝1100mで施行され、59年に1200m、62年に現行の1600mに距離が延長された。

 91年から牡馬・牝馬のチャンピオンを明確にするという目的で、阪神3歳Sが牝馬限定戦に変更され、名称も阪神3歳牝馬Sとなった。これを受けて朝日杯3歳Sも出走条件が変更され、牡馬・セン馬のみが出走可能となった。01年の馬齢表記変更に伴い、レース名が「朝日杯フューチュリティステークス」に変更され、04年からは条件が牡馬・セン馬から牡馬・牝馬に変更された。なお、08年から施行時期が1週繰り下がり12月3週の開催、2014年より施行競馬場を阪神競馬場、芝外回りコース・1600mへ競走条件が変更された。

 過去の勝ち馬には、生涯無敗の二冠馬トキノミノル、史上初の一億円馬タケシバオー、“スーパーカー”と称されたマルゼンスキーなど錚々たる顔ぶれが名を連ねており、近年もナリタブライアンバブルガムフェローグラスワンダーローズキングダムグランプリボスなどの勝ち馬が後の大レースを制している。第1回の優勝馬はアヅマホマレ

⇒続きを読む

重賞日程