netkeiba.com

天皇賞・秋特集

2016年10月30日 東京 芝2000

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

東京 左芝2000m

コースレコード
1:56.1
トーセンジョーダン(2011年)

参考ステップレース

過去の全成績

年度 勝ち馬 騎手 映像
2016 モーリス ムーア
2015 ラブリーデイ 浜中俊
2014 スピルバーグ 北村宏司
2013 ジャスタウェイ 福永祐一
2012 エイシンフラッシュ M.デム
2011 トーセンジョーダン ピンナ
2010 ブエナビスタ スミヨン
2009 カンパニー 横山典弘
2008 ウオッカ 武豊
2007 メイショウサムソン 武豊
2006 ダイワメジャー 安藤勝己
2005 ヘヴンリーロマンス 松永幹夫
2004 ゼンノロブロイ ペリエ
2003 シンボリクリスエス ペリエ
2002 シンボリクリスエス 岡部幸雄
2001 アグネスデジタル 四位洋文
2000 テイエムオペラオー 和田竜二
1999 スペシャルウィーク 武豊
1998 オフサイドトラップ 柴田善臣
1997 エアグルーヴ 武豊
1996 バブルガムフェロー 蛯名正義
1995 サクラチトセオー 小島太
1994 ネーハイシーザー 塩村克己
1993 ヤマニンゼファー 柴田善臣
1992 レッツゴーターキン 大崎昭一
1991 プレクラスニー 江田照男
1990 ヤエノムテキ 岡部幸雄
1989 スーパークリーク 武豊
1988 タマモクロス 南井克巳
1987 ニッポーテイオー 郷原洋行
1986 サクラユタカオー 小島太
1985 ギャロップダイナ 根本康広
1984 ミスターシービー 吉永正人
1983 キョウエイプロミス 柴田政人
1982 メジロティターン 伊藤正徳
1981 ホウヨウボーイ 加藤和宏
1980 プリテイキャスト 柴田政人
1979 スリージャイアンツ 郷原洋行
1978 テンメイ 清水英次
1976 アイフル 嶋田功
1975 フジノパーシア 大崎昭一

レースガイド

  東京競馬場の芝2000mで行われる、秋の古馬中・長距離GIシリーズ開幕戦。マイル路線から長距離路線の実力馬が一堂に会する注目のレース。

 1905(明治38)年5月6日に明治天皇から横浜の日本レースクラブへ下賜された「御賞杯」を賭けて競われた『エンペラーズカップ』が天皇賞の前身で、翌1906年には東京競馬倶楽部にも御賞典が下賜された。その後、阪神、小倉、福島、札幌、函館の計7つの競馬倶楽部で『帝室御賞典競走』が施行されるようになっていった。

 しかし、各競馬倶楽部が独自の競走条件で施行していたため、37(昭和12)年に各競馬倶楽部が統合されて日本競馬会が誕生したのを機に、帝室御賞典・春が阪神、秋が東京と定められ、東西で年2回施行されることとなった。第1回の37年秋は2600m、38年春が2700m、38年秋からは3200mに距離が変更されている。

 太平洋戦争による中断を挟んだ47(昭和22)年春に『平和賞』の名で復活すると、同年秋から現在の名称である天皇賞となり、以後春は京都、秋は東京で施行されることとなった。グレード制が施行され、距離体系などが見直された84(昭和59)年より距離を2000mに変更、中距離GIとして開催されている。

 現在の出走資格は、3歳以上の競走馬(外国産馬、出走条件を満たした地方所属馬を含む)となっており、05年からは外国馬が、08年からはセン馬も出走が可能となった。1着賞金は1億5000万円。

 また、00年から秋の古馬三冠制度が創設され、同競走、ジャパンカップ有馬記念を同一年に制した競走馬に報奨金が与えられることとなり、過去に00年テイエムオペラオー、04年ゼンノロブロイが古馬三冠を達成している。

⇒続きを読む

重賞日程