netkeiba.com

京王杯スプリングC特集

2018年5月12日 東京 芝1400

枠番 87654321 枠番
馬番 181716151413121110987654321 馬番
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
Heart Ashley フィアーノロマーノ Fastnet Rock 鹿毛
Melito キャンベルジュニア Encosta de Lago 鹿毛
ノボキッス ノボバカラ アドマイヤオーラ 栗毛
マザーリーフ ダンスディレクター アルデバランII 鹿毛
フローラルグリーン ビップライブリー ダイワメジャー 栗毛
ダイメイダーク ダイメイフジ アグネスデジタル 鹿毛
アンブロワーズ テオドール ハービンジャー 鹿毛
カストリア シュウジ キンシャサノキセキ 鹿毛
オブザーヴァント セイウンコウセイ アドマイヤムーン 栗毛
チャンネルワン ウインガニオン ステイゴールド 黒鹿毛
ゴールデンドックエー リライアブルエース ディープインパクト 黒鹿毛
ローレルシャイン アイライン ローレルゲレイロ 黒鹿毛
ロンドンブリッジ グレーターロンドン ディープインパクト 鹿毛
リッチダンサー ムーンクエイク アドマイヤムーン 栗毛
リボンストライプ ラインスピリット スウェプトオーヴァーボード 黒鹿毛
クレヴァリー アドマイヤゴッド ハーツクライ 鹿毛
シーイズトウショウ トウショウピスト ヨハネスブルグ 鹿毛
サトノアマゾネス サトノアレス ディープインパクト 黒鹿毛
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
斤量
馬齢
55.0牡456.0牡656.0牡656.0牡856.0牡556.0牡456.0牡556.0牡557.0牡556.0牡656.0牡554.0牝656.0牡656.0セ556.0牡756.0牡656.0牡656.0牡4 斤量
馬齢
騎手 川田 石橋脩 武藤 武豊 大野 松山 石川 横山典 三浦 津村 戸崎圭 北村宏 田辺 ルメー 森一 内田博 田中勝 蛯名 騎手
調教師 栗東高野美浦美浦天間栗東笹田栗東清水久栗東森田美浦国枝栗東須貝美浦上原栗東西園栗東矢作美浦高橋裕美浦大竹美浦藤沢和栗東松永昌栗東須貝栗東角田美浦藤沢和 調教師
馬体重 538(+4) 546(+2) 510(+2) 440(-2) 462(+2) 512(+2) 542(-4) 502(0) 500(+10) 492(-6) 486(-4) 478(+2) 468(-2) 504(0) 446(+2) 492(-2) 474(-4) 504(-6) 馬体重
オッズ 26.212人気 17.47人気 327.418人気 4.91人気 20.910人気 19.09人気 40.913人気 18.58人気 8.45人気 21.811人気 13.46人気 176.016人気 5.53人気 7.14人気 170.314人気 286.317人気 172.215人気 5.12人気 オッズ
レース結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気
1
3
5 ムーンクエイク 4人気
2
8
17 キャンベルジュニア 7人気
3
1
1 サトノアレス 2人気

レース展望・関連インタビュー

関連ニュース

コース情報

東京 左芝1400m

コースレコード
1:19.6
ミトラ(2012年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 56年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走『スプリング・ハンデキャップ』として創設されたのち、60年に『京王杯スプリングハンデキャップ』に名称を変更。創設当初は2-3月に東京競馬場・芝1600mで行われていたが、72年に春季後半の東京開催に移設された。また、幾度かの距離変更を経て、81年から1400mに短縮されて現在に至っている(68年は中山競馬場・ダート1800m、71年は東京競馬場・ダート1700mで開催)。

 グレード制の導入により安田記念がGIレースに格付けされた84年、当競走はGIIに格付けされ、安田記念の重要な前哨戦として位置付けられた。また同年より、混合競走となり外国産馬に門戸が開放され、負担重量がハンデキャップから別定に変更されたことに伴い、レース名も現在の『京王杯スプリングC』に変更された。

 その後94年に国際競走に指定され、外国馬が5頭まで出走可能となったが、02年から外国馬の出走枠が9頭に拡大された。また、95年に中央競馬指定交流競走として安田記念のステップ競走に指定され、地方馬は安田記念出走候補馬が3頭まで出走可能となったが、翌96年から2頭に変更された。

 2005年優勝のアサクサデンエンは当競走優勝をステップに安田記念を制したが、それ以降は京王杯SC、安田記念を連勝した馬はいない。

⇒続きを読む

重賞日程