netkeiba.com

京都新聞杯特集

2018年5月5日 京都 芝2200

枠番 87654321 枠番
馬番 1716151413121110987654321 馬番
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
ヴァインストリート インターセクション Street Cry 栗毛
メジロルーシュバー ダブルシャープ ベーカバド 鹿毛
セルフプリザヴェーション シャルドネゴールド ステイゴールド 栗毛
ウェーブクイーン アールスター ロードカナロア 鹿毛
カウアイレーン ステイフーリッシュ ステイゴールド 鹿毛
ムードインディゴ ユーキャンスマイル キングカメハメハ 鹿毛
タガノスティード アルムフォルツァ ハーツクライ 黒鹿毛
レイナソフィア レイエスプランドル ハービンジャー 鹿毛
エニーデイ ロードアクシス ブレイクランアウト 黒鹿毛
エリドゥバビロン アドマイヤアルバ ハーツクライ 鹿毛
モルトフェリーチェ ケイティクレバー ハービンジャー 鹿毛
エーシンベロシティ メイショウテッコン マンハッタンカフェ 青鹿毛
ウオッカ タニノフランケル Frankel 青鹿毛
ラストグルーヴ リシュブール キングカメハメハ 鹿毛
データ レノヴァール ハーツクライ 鹿毛
メジロツボネ グローリーヴェイズ ディープインパクト 黒鹿毛
ロベルタ フランツ ディープインパクト 鹿毛
母馬名 馬名 父馬名 脚質 毛色
斤量
馬齢
56.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡356.0牡3 斤量
馬齢
騎手 荻野極 和田 ボウマ 松若 藤岡佑 荻野琢 池添 藤岡康 酒井 岩田 四位 松山 福永 北村友 浜中 Mデム 騎手
調教師 栗東大久保栗東渡辺栗東池江栗東杉山栗東矢作栗東友道栗東五十嵐栗東吉田栗東奥村豊栗東須貝栗東安田翔栗東高橋忠栗東角居栗東藤原英栗東高野美浦尾関栗東音無 調教師
馬体重 472(-8) 466(0) 440(-4) 500(0) 454(+16) 482(0) 452(+2) 492(-4) 454(+4) 464(-4) 440(-4) 494(+6) 524(-2) 468(-4) 506(-4) 448(+4) 428(-6) 馬体重
オッズ 290.117人気 65.014人気 10.24人気 72.615人気 12.87人気 34.813人気 14.28人気 12.76人気 121.316人気 26.311人気 11.35人気 30.412人気 7.03人気 23.210人気 15.89人気 6.52人気 3.31人気 オッズ
レース結果
着順 枠番 馬番 馬名 人気
1
7
13 ステイフーリッシュ 7人気
2
4
8 アドマイヤアルバ 11人気
3
8
15 シャルドネゴールド 4人気

レース展望・関連インタビュー

関連ニュース

コース情報

京都 右 外芝2200m

コースレコード
2:10.0
トーセンホマレボシ(2012年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 本競走の前身は53年に菊花賞の前哨戦として10月に京都競馬場芝2400mで創設された『京都盃』。その後、67年に菊花賞トライアルに指定され、71年、『京都新聞杯』(菊花賞トライアル)に改称、84年からはGIIに格付けされた。

 距離は幾度かの変更を経て、84年から99年まで2200mで行われていた。しかし、00年の番組改定により、菊花賞の開催が10月に繰り上がったため、本競走は5月の京都に開催時期を移行、菊花賞トライアルから指定を外され、GIIIに格付けの上、芝2000mの距離に変更して行われることになった。これにより、同時期に開催されていた毎日放送賞京都4歳特別は、99年を最後に廃止された。翌01年にGIIに格上げされたのち、02年に距離を2200mに戻され、現在に至っている。

 また、00年に混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放されたが、09年に国際競走となり、外国馬は9頭まで出走可能となった。

 出走資格は、00年に混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放された。また、95年から中央競馬指定交流競走となり、地方馬は2頭まで出走可能となったが、05年からJRAの所定の重賞競走の1着馬にも出走資格が与えられるようになった。

 本競走は、上位収得賞金順位で日本ダービー出走を目指す3歳馬が、東上切符を懸けて参戦するステップレースとして位置付けされている。本競走の優勝馬の中から、00年のアグネスフライトが第67代日本ダービー馬、13年のキズナが第80代日本ダービー馬に輝き、04年のハーツクライと05年のインティライミ、15年サトノラーゼンは、いずれも日本ダービーで2着に健闘した。

⇒続きを読む

重賞日程