netkeiba.com

2018年2月4日

東京新聞杯特集

G3 東京 芝1600m 15:45

東京新聞杯 レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
4
8
リスグラシュー
牝4
448(+4)
武豊 55.0
栗東・矢作
1:34.1
(33.6)
5.5倍
3人気
2
2
3
サトノアレス
牡4
510(-6)
柴山 57.0
美浦・藤沢和
1:34.3
1
(33.3)
8.9倍
5人気
3
8
15
ダイワキャグニー
牡4
494(-4)
横山典 56.0
美浦・菊沢
1:34.3
クビ
(33.9)
4.2倍
2人気

東京新聞杯コース分析

コースレコード 1:31.3 ストロングリターン 2012年

東京新聞杯参考レース

キャピタルS

11月25日(土) 東京 芝1600m

1着:
ダイワキャグニー
2着:
サトノアレス
3着:
レアリスタ

ディセンバー

12月17日(日) 中山 芝1800m

1着:
マイネルハニー
2着:
ゲッカコウ
3着:
グレーターロンドン

ニューイヤー

1月14日(日) 中山 芝1600m

1着:
ダノンプラチナ
2着:
シュウジ
3着:
ダイワリベラル

東京新聞杯レース掲示板

関連ニュース

東京新聞杯メニュー

過去の全成績

レースガイド

 51年に創設された重賞競走「東京杯」が前身で、創設当初は天皇賞・春の前後に東京・芝2400mの別定重量で行われていた。その後、66年に現在の名称「東京新聞杯」に改められると同時に、開催時期を1月下旬から2月上旬に繰り上げられた(72年は3月26日に中山競馬場で開催)。

 その後、距離や開催場の度重なる変更を経て84年に施行された番組改革により、東京・芝1600mに距離を短縮。安田記念を頂点とする春の短距離路線に組み込まれ、現在までに至っている(03年は中山・芝1600mで施行)。また、負担重量は59年にハンデ戦へと変更されたが、81年に再び別定に戻された。

 また、過去の優勝馬には、キングヘイローアドマイヤコジーンハットトリックスズカフェニックスローレルゲレイロなどがおり、この時期に行われるGIIIながら、注目度の高い一戦となっている。

続きを読む

重賞日程