netkeiba.com

2018年2月18日

フェブラリーS特集

G1 東京 ダ1600m 15:40

フェブラリーS レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
6
12
ノンコノユメ
セ6
450(-6)
内田博 57.0
美浦・加藤征
1:36.0
(36.1)
10.7倍
4人気
2
7
14
ゴールドドリーム
牡5
524(-14)
ムーア 57.0
栗東・平田
1:36.0
クビ
(36.4)
2.1倍
1人気
3
3
6
インカンテーション
牡8
512(+5)
三浦 57.0
栗東・羽月
1:36.1
クビ
(36.7)
20倍
6人気

フェブラリーSコース分析

コースレコード 1:33.8 タガノトネール 2016年

フェブラリーS参考レース

チャンピオン

12月3日(日) 中京 ダ1800m

1着:
ゴールドドリーム
2着:
テイエムジンソク
3着:
コパノリッキー

東海S

1月21日(日) 中京 ダ1800m

1着:
テイエムジンソク
2着:
コスモカナディアン
3着:
モルトベーネ

川崎記念【指

1月31日(水) 川崎 ダ2100m

1着:
ケイティブレイブ
2着:
アポロケンタッキー
3着:
アウォーディー

フェブラリーSレース掲示板

関連ニュース

フェブラリーSメニュー

過去の全成績

レースガイド

フェブラリーSは今年で35回目を迎えるGI競走。84年のグレード制施行の際、ダート重賞路線の整備も同時に行われ、「フェブラリーハンデキャップ」として創設、GIIIに格付けされた。

 その後94年にGIIへ昇格(同時に別定戦へ変更)、さらに96年に創設されたドバイワールドC(首G1)の日本国内におけるステップとしてレースの重要性が高まり、97年にGI昇格を果たした。なお、同年にはダートグレード競走格付け委員会により、交流GIにも格付けされている。

 GIII、GIIの時代からダート路線の重要レースとして位置付けされており、ライブリマウントホクトベガなどがこのレースを含めた交流ダート重賞路線で大活躍。GIに昇格後も地方馬初の中央GI制覇を果たしたメイセイオペラ、芝ダート不問のオールラウンダー・アグネスデジタル、GI・9勝馬ヴァーミリアンなど、ダートの一流馬を多数輩出している。

 ちなみにレース名の「フェブラリー(February)」は英語で「2月」という意味。99年の第16回のみ1月31日に行われたが、レース名は「フェブラリーS」のまま施行されている。

続きを読む

重賞日程