netkeiba.com

2019年2月17日

フェブラリーS特集

G1 東京 ダ1600m 15:40

フェブラリーS レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
4
6
インティ
牡5
514(0)
武豊 57.0
栗東・野中
1:35.6
(35.4)
2.6倍
1人気
2
3
3
ゴールドドリーム
牡6
528(+14)
ルメー 57.0
栗東・平田
1:35.6
クビ
(34.8)
3倍
2人気
3
2
2
ユラノト
牡5
508(+2)
福永 57.0
栗東・松田
1:36.3
4
(35.5)
31.6倍
8人気

フェブラリーSコース分析

コースレコード 1:33.8 タガノトネール 2016年

内田博幸フェブラリーステークス 内田博幸のコース解説

――日本一大きなコースのワンターン競馬。東京ダート1600mは有利不利の少ない舞台設定に思えますが、ジョッキーはどういう部分を心がけて乗っているのですか?

内田 おっしゃる通り各馬が力を発揮しやすい舞台です。そんな中でも気をつけているのは馬場状態…ダートの質の見極めですよね。乾燥しているのか、湿り気があるのか。とくに2月の東京は凍結防止剤も入るので、より慎重に見極める必要があります。

――どのようにして見極めるのでしょう。

内田 自分でレースに乗ってみての感覚もありますし、全体的なレース傾向もチェックします。今日は前がなかなか止まらないな、とか、結構差しが利くな、とか。ただそこにとらわれすぎてもダメ。やはり1番は馬の脚質だったり、個性ですから。馬の本質を大事にしたうえで、馬場傾向も足していくイメージですね。

――枠順の有利、不利はありますか。

内田 基本的には外すぎず、内すぎず…真ん中あたりでしょうか。どうしても外だと距離ロスがありますし、内だとちょっとしたアクシデントがあるだけで、後手に回ってしまうリスクがあるので。ただこれは力が拮抗していた場合の話で、例えば力の抜けた馬に乗っていたのなら、外がいいかな。不利なく進めやすいですからね。

――サクセスブロッケンで制した2009年のフェブラリーSは8枠15番でした。

内田 レコードタイムで勝ったように、あの馬は力がありましたからね。外枠からそのまま先行して押し切ってくれました。他馬のプレッシャーも受けることなく、気分よく進められましたし、まさに外枠が奏功したケースと言えるでしょう。

――昨年のノンコノユメは6枠12番でした。

内田 ノンコは追い込み脚質ですから、こちらも真ん中より外の枠で良かったです。ただそれ以上に昨年は展開がうまくハマりました。あの日は結構、前が残るケースが多くて、それを受けてかフェブラリーSもみんな前がかりになって、かなりペースが速くなったんですよね。ただ自分はさすがにペースが速いと思ったし、馬を信じて我慢したんです。もちろん馬の調子が良かったこともありますし、すべてがピッタリ噛み合いましたね。

――今年もノンコノユメとのコンビで参戦。連覇の期待がかかります。

内田 1週前となる6日(水曜)に美浦のダートコースで追い切りに跨りましたが、いい動きでしたね。ウッドチップではそう目立たないタイプなんですけど、やはりダートだと違いますよ。簡単ではないと思いますが、今年もいい結果を残したいですね。

続きを読む

フェブラリーS参考レース

東京大賞典競

12月29日(土) 大井 ダ2000m

1着:
オメガパフューム
2着:
ゴールドドリーム
3着:
ケイティブレイブ

根岸S

1月27日(日) 東京 ダ1400m

1着:
コパノキッキング
2着:
ユラノト
3着:
クインズサターン

東海S

1月20日(日) 中京 ダ1800m

1着:
インティ
2着:
チュウワウィザード
3着:
スマハマ

フェブラリーSレース掲示板

関連ニュース

フェブラリーSメニュー

過去の全成績

レースガイド

フェブラリーSは今年で35回目を迎えるGI競走。84年のグレード制施行の際、ダート重賞路線の整備も同時に行われ、「フェブラリーハンデキャップ」として創設、GIIIに格付けされた。

 その後94年にGIIへ昇格(同時に別定戦へ変更)、さらに96年に創設されたドバイワールドC(首G1)の日本国内におけるステップとしてレースの重要性が高まり、97年にGI昇格を果たした。なお、同年にはダートグレード競走格付け委員会により、交流GIにも格付けされている。

 GIII、GIIの時代からダート路線の重要レースとして位置付けされており、ライブリマウントホクトベガなどがこのレースを含めた交流ダート重賞路線で大活躍。GIに昇格後も地方馬初の中央GI制覇を果たしたメイセイオペラ、芝ダート不問のオールラウンダー・アグネスデジタル、GI・9勝馬ヴァーミリアンなど、ダートの一流馬を多数輩出している。

 ちなみにレース名の「フェブラリー(February)」は英語で「2月」という意味。99年の第16回のみ1月31日に行われたが、レース名は「フェブラリーS」のまま施行されている。

続きを読む

重賞日程

2019年03月

2(土) オーシャンS
2(土) チューリップ賞
3(日) 弥生賞
9(土) 中山牝馬S
10(日) 金鯱賞
10(日) フィリーズレビュー
16(土) フラワーC
16(土) ファルコンS
17(日) スプリングS
17(日) 阪神大賞典
23(土) 日経賞
23(土) 毎日杯
24(日) マーチS
24(日) 高松宮記念
30(土) ダービー卿CT
31(日) 大阪杯