netkeiba.com

2017年12月28日

ホープフルS特集

G1 中山 芝2000m 15:30

ホープフルS レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
4
7
タイムフライヤー
牡2
456(-4)
Cデム 55.0
栗東・松田
2:01.4
(35.5)
4.2倍
1人気
2
8
15
ジャンダルム
牡2
494(+10)
武豊 55.0
栗東・池江
2:01.6
1.1/4
(36.2)
6.2倍
4人気
3
7
13
ステイフーリッシュ
牡2
450(0)
中谷 55.0
栗東・矢作
2:01.6
クビ
(35.9)
22.9倍
8人気

ホープフルSコース分析

コースレコード 1:59.9 ナイトレセプション 2005年

ホープフルS参考レース

東スポ2歳S

11月17日(土) 東京 芝1800m

1着:
ニシノデイジー
2着:
アガラス
3着:
ヴァンドギャルド

萩ステークス

10月27日(土) 京都 芝1800m

1着:
サートゥルナーリア
2着:
ジャミールフエルテ
3着:
セグレドスペリオル

京都2歳S

11月24日(土) 京都 芝2000m

1着:
クラージュゲリエ
2着:
ブレイキングドーン
3着:
ワールドプレミア

ホープフルSレース掲示板

関連ニュース

ホープフルSメニュー

過去の全成績

レースガイド

 84年に創設された3歳(現2歳)牝馬限定の『ラジオたんぱ杯3歳牝馬S』が当競走の前身で、当初は桜花賞と同じ阪神競馬場・芝1600mを舞台に行われていた。

 その後、91年に3歳(現2歳)重賞路線の整備が図られ、当競走は牡・せん馬限定競走に変更されるとともに、距離が400m延長されて、2歳重賞初の2000mのレースに衣替えし、さらに、2014年より中山競馬場へと舞台を移した。

 出走資格は、93年から混合競走に指定され外国産馬に門戸が開放された。また、96年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬は2頭まで出走資格が与えられたのち、02年に出走枠が3頭に拡大された。00年からは牝馬にも出走資格が与えられ、中長距離路線を目指す牝馬の出走も可能となった。なお、14年より騙馬の出走が不可能になっている。

 14年より2歳中距離路線の頂点となる競走に位置づけてGIIに昇格。17年からはGIに昇格し施行されることになった

 なおレース名は、01年に馬齢表記の国際基準への変更に伴い、『ラジオたんぱ杯2歳S』に改められ、さらに、06年に『ラジオNIKKEI杯2歳S』、そして14年より現在の『ホープフルS』に改称された。

続きを読む

重賞日程