netkeiba.com

2018年7月22日

函館2歳S特集

G3 函館 芝1200m 15:25

函館2歳S レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
3
6
アスターペガサス
牡2
490(-6)
小崎 54.0
栗東・中竹
1:09.4
(34.8)
5.2倍
2人気
2
5
10
ラブミーファイン
牝2
440(0)
丸山 54.0
栗東・田所
1:09.4
ハナ
(35.3)
21.1倍
7人気
3
3
5
カルリーノ
牡2
490(+6)
藤岡佑 54.0
美浦・高橋裕
1:09.5
3/4
(35.2)
5.4倍
3人気

函館2歳Sコース分析

コースレコード 1:09.2 レヴァンテライオン 2016年

函館2歳S参考レース

2歳新馬

6月17日(日) 函館 芝1200m

1着:
ナンヨーイザヨイ
2着:
マノラム
3着:
デンバーテソーロ

2歳新馬

6月24日(日) 函館 芝1200m

1着:
アスターペガサス
2着:
イーサンパンサー
3着:
バトルアグレッシブ

2歳未勝利

6月30日(土) 函館 芝1200m

1着:
カルリーノ
2着:
デンバーテソーロ
3着:
ロードワンダー

函館2歳Sレース掲示板

関連ニュース

函館2歳Sメニュー

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、69年に3歳(現2歳)の馬齢重量で争われる重賞競走『函館3歳S』として創設され、函館競馬場の芝1200mで行われた。その後、84年から混合競走に指定され、外国産馬に出走資格が与えられた。

 出走資格は、95年から中央競馬特別指定交流競走となり、地方馬は札幌3歳S・クローバー賞・コスモス賞の2着以内馬に限り出走が認められたが、97年以降はラベンダー賞の2着以内馬に限り出走資格が与えられるようになった。

 94年、同競馬場の芝コースの洋芝化に伴う馬場改造工事に伴い、当競走はダート1000mに変更して行なわれたが、翌95年から洋芝(ケンタッキーブルーグラス・トールフェスク)を使った新しい芝コースの運用が開始され、当競走は緑鮮やかな芝1200mを舞台に、若駒たちの熱戦が繰り広げられている。

 また、96年以前は札幌競馬のあとに函館競馬が開催されていたが、97年に函館と札幌の開催日程が入れ替えられたため、当競走は、早期デビューで勝ち上がった2歳馬たちが初めて迎える重賞競走となった。

 なお、競走名は01年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、『函館2歳S』に変更となった。

続きを読む

重賞日程