netkeiba.com

フェアリーS特集

2017年1月8日 中山 芝1600

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

中山 右 外芝1600m

コースレコード
1:30.7
レオアクティブ(2012年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 84年に創設された『テレビ東京賞3歳牝馬S』が当競走の前身で、94年に現在のレース名『フェアリーS』に変更された。創設当初は中山競馬場・芝1600mで行われていたが、91年の3歳(現2歳)重賞路線の改善により、芝1200mに短縮され、スプリント指向の3歳(現2歳)牝馬に新たな活躍の舞台が設けられた。さらに、本年から1月上旬に移設のうえ、距離を1600mに延長されたことにより、1月のフェアリーS→2月のクイーンC→3月の各トライアルレースという3歳牝馬クラシック路線が整備された。

 競走条件は、93年に混合競走となり外国産馬にも門戸が開放された。また、96年からは中央競馬特別指定交流競走として地方馬が2頭まで出走可能となり、02年から出走枠が3頭に拡大された。さらに09年に国際競走に指定され、外国馬が8頭まで出走可能となった。

 なお、競走名の『フェアリー(Fairy)』とは、英語で「妖精」のことで、神話や伝説に登場する気まぐれで、人間と神の中間的な存在の総称。主に羽を持つ小さな少女の姿で表現される。

⇒続きを読む

重賞日程