netkeiba.com

弥生賞特集

2017年3月5日 中山 芝2000

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

中山 右芝2000m

コースレコード
1:57.8
ラブリーデイ(2015年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 64年に創設された4歳(現3歳)馬限定・別定重量による重賞競走で、創設当初は中山競馬場・芝1600m(外回り)で行われていたが、71年に負担重量は馬齢重量に変更された。

 創設以来、幾度かの距離・コースの変更を経て、84年に皐月賞と同じ舞台である中山競馬場・芝2000mに変更された。これにより本競走は、クラシック戦線に直結する重要な前哨戦として位置付けられた(88年は、中山競馬場の改修工事に伴い、東京競馬場・芝2000mで開催)。なお、82年から5着まで入着した馬に皐月賞の優先出走権が付与されていたが、91年に3着までと変更された。また、95年から皐月賞トライアルに指定されている。

 過去の優勝馬からは、01年のアグネスタキオン(皐月賞)、05年のディープインパクト(皐月賞日本ダービー菊花賞)、09年のロジユニヴァース(日本ダービー)、10年のヴィクトワールピサ(皐月賞)らがクラシックホースに輝いている。

 出走資格は、84年から96年までと02年以降、混合競走に指定され、外国産馬が出走可能となっている。また、95年から中央競馬指定交流競走として皐月賞のステップ競走に指定され、地方馬は皐月賞出走候補馬が2頭まで出走可能となった。その後、05年からJRAの芝の3歳重賞優勝馬および06年からJRAの2歳GIを優勝した地方馬にも出走資格が与えられた。さらに、10年から国際競走に指定され、外国馬が8頭まで出走可能となった。

 競走名の『弥生』は、旧暦3月の呼び名である。弥生とは、「いやおい」が変化したもので、「弥」は「いよいよ」「ますます」、「生」は「生い茂る」と使われ、草木が芽吹く月という意味で呼ばれるようになったことに由来する。

⇒続きを読む

重賞日程