netkeiba.com

チャレンジC特集

2016年12月10日 阪神 芝1800

レース展望・関連インタビュー

有力馬近況、追い切り速報

コース情報

阪神 右 外芝1800m

コースレコード
1:44.5
カレンミロティック(2013年)

参考ステップレース

過去の全成績

レースガイド

 50年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップで争われる重賞競走『チャレンジC』として創設され、53年に『朝日チャレンジC』に改称されたが、14年に朝日杯フューチュリティステークスが、同じ阪神競馬場へ開催場が移設されることに伴い、同社は寄贈杯を撤退、創設時と同じ「チャレンジカップ」へ名称が変更された。

 第1回と第2回は芝2400mで争われたが、52年に距離を400m短縮し2000mに変更(阪神競馬場工事期間中は京都競馬場または中京競馬場で開催)、2012年からは1800mで施行されている。

 出走資格は、78年から83年までと93年から04年までは混合競走として外国産馬にも開放され、97年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬は2頭まで出走可能となった。さらに、05年から国際競走に指定され、4頭の外国馬が出走可能になったが、07年の日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大された。

⇒続きを読む

重賞日程