netkeiba.com

2018年9月2日

新潟記念特集

G3 新潟 芝2000m 15:45

新潟記念 レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
1
1
ブラストワンピース
牡3
530(-2)
池添 54.0
美浦・大竹
1:57.5
(33.5)
1.8倍
1人気
2
4
5
メートルダール
牡5
490(+20)
福永 57.0
美浦・戸田
1:57.8
1.3/4
(33.6)
15.4倍
6人気
3
4
4
ショウナンバッハ
牡7
452(0)
三浦 53.0
美浦・上原
1:57.9
1/2
(33.9)
116.9倍
13人気

新潟記念コース分析

新潟記念参考レース

函館記念

7月15日(日) 函館 芝2000m

1着:
エアアンセム
2着:
サクラアンプルール
3着:
エテルナミノル

東京優駿

5月27日(日) 東京 芝2400m

1着:
ワグネリアン
2着:
エポカドーロ
3着:
コズミックフォース

エプソムC

6月10日(日) 東京 芝1800m

1着:
サトノアーサー
2着:
ハクサンルドルフ
3着:
グリュイエール

新潟記念レース掲示板

関連ニュース

新潟記念メニュー

過去の全成績

レースガイド

 当競走は、新潟競馬場で行われる重賞競走の中で最も歴史が古く、65年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞『新潟記念』として創設され、第1回は新潟競馬場の芝2000m(右・内回り)で行われた(なお、新潟競馬場の改修工事のため、96年と00年は中山競馬場の芝2000mで開催)。

 その後、当競走は74年から99年まで(右・外回り)で行われたが、01年に左回りの新コースが完成してからは、芝2000m(左・外回り)で行われている。

 出走資格については、95年から混合競走に指定され外国産馬に門戸が開放された。さらに98年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬は2頭まで出走可能となった。また、06年から国際競走に指定され、5頭の外国馬が出走可能となったが、2007年の日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が9頭に拡大された。

 当競走は06年から『サマー2000シリーズ』の最終戦に指定され、秋の中・長距離戦線へ向けた一戦としてだけでなく、シリーズチャンピオンを決する重要な一戦となった。

続きを読む

重賞日程