netkeiba.com

2018年11月17日

東スポ杯2歳S特集

G3 東京 芝1800m 15:30

東スポ杯2歳S レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
1
2
ニシノデイジー
牡2
486(+12)
勝浦 55.0
美浦・高木
1:46.6
(33.9)
38.4倍
8人気
2
2
4
アガラス
牡2
496(0)
ビュイ 55.0
美浦・古賀慎
1:46.6
ハナ
(33.7)
34.8倍
7人気
3
3
5
ヴァンドギャルド
牡2
460(0)
Cデム 55.0
栗東・藤原英
1:46.6
アタマ
(33.9)
7.9倍
4人気

東スポ杯2歳Sコース分析

コースレコード 1:45.9 イスラボニータ 2013年

東スポ杯2歳S参考レース

札幌2歳S

9月1日(土) 札幌 芝1800m

1着:
ニシノデイジー
2着:
ナイママ
3着:
クラージュゲリエ

2歳新馬

10月28日(日) 東京 芝1800m

1着:
ルヴォルグ
2着:
ストームリッパー
3着:
セントレオナード

野路菊S

9月15日(土) 阪神 芝1800m

1着:
カテドラル
2着:
ヴェロックス
3着:
モンテアーサー

東スポ杯2歳Sレース掲示板

関連ニュース

東スポ杯2歳Sメニュー

過去の全成績

レースガイド

 66年に創設された3歳(現2歳)のオープン特別『東京3歳S』が本競走の前身で、当初は東京競馬場・芝1400mで争われていた。68年より『府中3歳S』の名称となり、84年に距離を400m延長し、芝1800mに改められてからは、翌年のクラシック路線に向けた3歳(現2歳)馬の距離適性を占うレースとして定着している(02年は東京競馬場の改修工事の為、中山競馬場で開催)。

 その後、96年に3歳(現2歳)重賞競走の整備が図られたことに伴い、混合・指定・馬齢重量の重賞競走(GIII)に格上げされ、3歳(現2歳)重賞競走の最高峰に位置する朝日杯3歳S(現・朝日杯フューチュリティS)のステップレースのひとつとして位置付けられた。なお、中央競馬指定交流競走として、地方馬は朝日杯3歳S(現・朝日杯フューチュリティS)出走候補馬が2頭まで出走可能となった。

 さらに、翌97年に『東京スポーツ杯3歳S』に改称されたのち、01年には馬齢表示の国際基準への変更に伴い、現名称の『東京スポーツ杯2歳S』へと改められた。また、2010年に国際競走に指定され、外国馬は9頭まで出走可能となった

続きを読む

重賞日程

2018年03月

3(土) オーシャンS
3(土) チューリップ賞
4(日) 弥生賞
10(土) 中山牝馬S
11(日) 金鯱賞
11(日) フィリーズレビュー
17(土) フラワーC
17(土) ファルコンS
18(日) スプリングS
18(日) 阪神大賞典
24(土) 日経賞
24(土) 毎日杯
25(日) マーチS
25(日) 高松宮記念
31(土) ダービー卿CT